『久しぶり』に会う人に、英語で何て言う?ネイティブの挨拶のしかた。

英語での言い方

英語で挨拶、って、簡単なようで、難しいですよね~。

私の場合は、子どもの学校へ毎日お迎えに行くのですが、お友達の親によく会うので、挨拶は欠かせません。

普段なら、

“Hi, how are you?”

“I’m good, thanks. How are you?”

みたいな感じで、簡単な挨拶をして終わることもあるし、ちょこっと話すこともあります。

が、たとえば、長いスクールホリデーの後だったり、しばらく会っていない人と顔を合わすことがあります。

そんな時日本だったら、

「久しぶりだね!どうしてた?元気だった?」

みたいな話になると思います。

 

が、英語の場合、どんなことをどんなノリで言ったらいいの???

と疑問に思う人も多いでしょう。

実際私も、それがよくわからなくて、まごまごしているうちに、挨拶する機会を逃してしまうこともよくありました。

でも、この最初の挨拶がすんなりできれば、フレンドリーな印象を与えることができるし、「相手のことを覚えている」「また会えてよかったと思っている」と伝えることができますよね。

今回は、英語で「久しぶりに会った相手に何て挨拶する?」というのがテーマです。

 

スポンサーリンク

「久しぶりだね!」ってネイティブはどう言う?

日本語の「久しぶり」に直訳できる英語はないのですが、英語にも、しばらく会っていなかった人に会った時、良く言われるフレーズがあります。

たとえば、久しぶりに再会して「おー久しぶりだね!」と最初に言うなら、以下のようなカジュアルな言い方があります。

“It’s been a long time!”

“It’s been a while!”

「(前に会ってから)長い間(経った)ね」「(前に会ってから)しばらく(経った)ね」というような意味合いです。

久しぶりに電話で話す場合などにも、最初にこうやって切り出すこともあります。

 

また、少し正確に言うならば、

 

It’s been a long time since we last met.”

It’s been a long time since we (last) saw each other.”

It’s been ages since we last met.”

 ages = a long time

 

直訳風にすると、「(前回)会った時から長い時間が経っている」=「久しぶり」という意味です。

since we last met. = 自分たちが前回会ってから。sinceの後は、一般的に過去形を使います。

 

この表現は、しばらくぶりに連絡を取る人に、メールを書く時などの導入にも使えます。

“How are you? It’s been ages since we last spoke. I hope everything is going well.”

元気ですか?前回話をして以来久しぶりです(ご無沙汰してます、にもなるかも)。無事に(お変わりなく)お過ごしでしょうか。

 

“It’s been ages since we last spoke.”

の部分は、状況に応じて、

 

“It’s been ages since we last contacted each other.

前回連絡を取ってから久しぶりですね。

“It’s been a long time since I heard from you.”

(以前)近況を聞いて以来、久しぶりですね。

 

などに言い換えることもできます。

シチュエーションに応じて使い分けてください。

 

もう一つの、「久しぶりに会ったね!」を表す代表的な英語表現としては、

 

“I haven’t seen you for ages!”

“I haven’t seen you in ages!”とも言える)

 

長い間あなたに会ってなかった!=久しぶりだね!

という言い方です。

前回会ってから時間があいて、久しぶりに会った時にかける言葉として、最適な表現です。

for ages は、 for a long time(長い間)、for years(何年も)、for a while(しばらくの間)などに置き換えることができます。

※for の代わりに in が使われることもあるようですが、この文脈の場合は意味はほぼ同じということです。

 

また、

We haven’t seen each other for a long time!”

「私達」を主語にして、「長い間、お互いに会ってなかった」というような言い方もできます。

 

「久しぶり!」って言ったら、次は何て言う?

「久しぶりに会ったね!」と言った後、どんなことを言いますか?

日本語なら、「どうしてた?」とか、「今は何しているの?」とか、聞くことも多いですよね。英語でもそのように、会話をつなげていくと、話が盛り上がります。

 

◆「どうしてた?」

“We haven’t seen each other! How’ve you been?”

久しぶりに会ったね!どうしてた?

※How’ve you been = How have you been

 

答えの例)

A: “I’ve been good, thanks.”

元気だったよ。ありがとう。

A: “Not that good.”

あんまりよくないよ。

 

 

◆何してた?

“Hi, How are you? I haven’t seen you for ages. What’ve you been doing?”

こんにちは!ずいぶん久しぶりに会ったね。何(どんなこと)してたの?

※What’ve you been = What have you been

 

答えの例)

”I’ve been helping my dad.  I’ve been helping him with the accounts.  We haven’t finished yet.”

父の手伝いをしてたよ。父の会計事務の手伝いをね。まだ終わってないんだけど。

 

◆どこにいたの?

“Where’ve you been?  I haven’t seen you for ages.”

どこにいたの?あなたに会うの、久しぶりだよね。

※Where’ve you been = Where have you been

 

答えの例)

“I’ve been in France. I’ve been working on an EU project.”

フランスにいたんだよ。EUに関するあるプロジェクトの仕事をしていたんだ。

 

「久しぶりに会えてよかった!」と言いたい時は?

 

日本語では、誰かと久しぶりに会った時、「また会えてよかった!」とわざわざ言うことは少ないかもしれません。

それでも、ビジネスの場面などでは、「またお会いできて光栄です。」とか、「またお会いできてうれしいです。」のように言うこともあるでしょう。

英語でも、シンプルにそんな気持ちを表現することができます。

“It’s good to see you again.”

“It’s great to meet you again.”

また会えてうれしいです。

 

日本語にすると、恋愛の歌の歌詞みたいに聞こえてしまいますが(笑)、英語ではわりと挨拶がわりの表現といえます。

カジュアルに言うなら、

“Good to see you again”

“Nice to see you again”

こんな感じです。

 

久しぶりに会って、しばらく話をした後、別れ際に「会えてよかった。」「顔が見れてよかった。」「話ができてよかった。」みたいに言うこともありますよね。

そんな場合は、

“It was good to see you again!”

また会えてよかったよ。

“It was great catching up with you!”

久しぶりに会って話ができてよかった。

※catch up with 〇〇 = 〇〇(人)と会って話をする

などのように、過去形で言います。

ちなみに、相手からこう言われた場合は、

“Good to see you too!”

“Thanks, it was good to see you too.”

などと返すとよいでしょう。

 

「久しぶり」の相手との会話、どんなノリで話す?

実際に会話の場合、久しぶりに会った相手と、どんなノリで話をしたらよいのでしょうか?

BRITISH COUNCILの英語学習者向けサイトに、こんな動画があります。

How to greet someone you haven’t seen for ages

 

実際に、久しぶりに会った二人が、短い会話をするシーンです。

この記事で紹介したフレーズも、登場しています。

やっぱりネイティブのスピーキングは速いので、私も聞き取るのが難しいと感じるのですが、Transcript(書きおこし)もあるので、わからない部分もチェックできます。

こんなふうに、ペラペラ話せたらいいですが、必ずしもこのように早いスピードで話さないと通じないわけではないです。

私は、ぜんぜんこんな風には話せません(汗)。

 

ただ、すべて完璧に理解するのが難しいとしても、会話の雰囲気と、まずどんなふうに話を始めたらいいのか?どんなトピックを話題にしたらいいか?などは、とても参考になると思います。

また、受け答えのしかたも参考になると思います。

1分の短い動画なので、繰り返し見ることもできますね。

 

まとめ

日本語の「久しぶり」に相当する英単語はないのですが、やはり長い間会ってなかった人に再会した時に声をかける、定番のフレーズと言うのは、英語にもあるんですね。

覚えておくと、とても役に立ちます。

こうした挨拶は、知らなくても必要なことは情報交換できるかもしれないけれど、やはり人と心の通ったコミュニケーションをしたいと思った時には、覚えておきたい表現です。

記事の中では、何パターンか紹介しましたが、とりあえず一つを覚えて、少しずつバリエーションを増やしていくといいですよね。

私自身、最初の一言を英語で言う時が、いまだに力が入ってしまうので(笑)、こういう挨拶をもっとナチュラルに言えるようになりたいです!

タイトルとURLをコピーしました