英語で「だよね?」の言い方は?付加疑問文を覚えて会話上手になる!

たとえば私のように、なんらかの事情で、大人になってから「英語でコミュニケーションしないとならない!」という必要に迫られて、英語を勉強している社会人の人も多いと思います。

そんな時は、とにかくまず最初に、「具体的なこと・事実関係」が言えないといけないし、理解できないといけません。

主語と述語。肯定or否定。過去・現在・未来……。

といったことを正確に表現するための英語をマスターすることが、大切になります。

ところが、実際のコミュニケーションの場面(特に口頭での会話)では、それだけではちょっと物足りない場合があります。

たとえば日本語なら、

「それ、誰のカサ?」

と聞かれれば、

「ジェイミーのカサだよ。」

と言うのはナチュラルです。

でも、たとえば目の前にカサがあった時、一緒にいる友達に、

「それ、ジェイミーのカサだよね?」「ジェイミーのカサでしょ?

のように言う場合もあります。

この時、「ジェイミーのカサだよ。」と「ジェイミーのカサだよね?」の違いは、何でしょうか?

前者は事実を述べています。それに対して後者は、「だよね?」があることで、事実を述べつつも、相手に返事を求めていることがわかります。

こういうニュアンスこそが、対面のコミュニケーションの中では、雰囲気を左右しますよね。

英語でも、そんな言い方をしたい時に使われる文法があります。

「付加疑問文」という言われるものです。英語では Question tags と言われます。

私自身、オーストラリアに来て英語を使うようになり、最初はとにかく必要最低限の事実を言うことだけで、精一杯でした。

でもやっぱり、会話の中で「~だよね?」「~でしょう?」という言葉が言えないと、なんだかぶっきらぼうになってしまう……と感じていました。

自然と、「付加疑問文」を使う事の必要性に気づいていくわけですが……。

難しい!!

「付加疑問文」って、日本語にはないルールなので、マスターするのがとても難しいです。

頭ではルールをわかっても、いざ会話の中で……、「相手の早口の英語を聞き取り、単語を考え、文法を組みたて、言いたいことを言う」のがやっとの状態の中で、そこに「付加疑問文」を付け足すなんて……。

神業ー!ムリムリ!(>_<)

と私は思っていました。

でも、練習しなくちゃうまくなれない!少しずつ会話の中で「付加疑問文」を取り入れるように、今も練習中です(笑)。

そんな私自身の経験から……。

今回は、「だよね?」というニュアンスを出すための「付加疑問文」の使い方と、初心者が会話に取り入れるためのコツを紹介します!(ぜひ最後まで読んでくださいね)

スポンサーリンク

付加疑問文の基本ルール

たとえば、

It’s Jamie’s umbrella.

それはジェイミーのカサです。

これは普通の文です。

これに対し、

It’s Jamie’s umbrella, isn’t it?

それはジェイミーのカサだよね?

この isn’t it? が、「~だよね?」という感じを表します。このような文を、文法的には「付加疑問文」と言います。

※文の後に付け足される isn’t it? の部分を、この記事内では「ミニ疑問文」と呼びますね。

付加疑問文の大きなルールとしては、

  • 文が肯定(例: It is ~)の場合は、否定のミニ疑問文(例: isn’t it?)が付く。
  • 文が否定(例: It isn’t ~)の場合は、肯定のミニ疑問文(例: is it?)が付く。

があります。

ミニ疑問文は、基本的に、「メインの文を、肯定と否定を入れ替えた疑問形にする」と考えるとよいです。

付加疑問文の例)

メインの文 ミニ疑問文
肯定文(~だよね?)
You are ~ , aren’t you?
It was ~, wasn’t it?
You will ~ , won’t you?
You can ~, can’t you?
You should ~, shouldn’t you?
You have + ~ed,(完了形) haven’t you?
否定文(~じゃないよね?)
You aren’t ~, are you?
It wasn’t ~, was it?
You won’t ~, will you?
You don’t ~, do you?
You didn’t ~, did you?
You can’t ~ can you?
You shouldn’t ~, should you?
You haven’t + ~ed,(完了形) have you?

例文)

He is a lawyer, isn’t he?

彼、弁護士だよね?

You can play the piano, can’t you?

あなたはピアノが弾けたよね?

She didn’t come, did she?

彼女は来なかったよね?

There wasn’t any trouble, was there?

何も面倒な事はなかったよね?

ちょっとややこしいパターン

以下のような、現在形・過去形の動詞が使われている肯定文は、ちょっと注意が必要です。

You like music. 

→ You like music, don’t you?

あなたは音楽が好きだよね?

He bought a new car.

→ He bought a new car, didn’t he?

彼は新しい車買ったよね?

この場合は、普通の文You like musicを疑問形にしてDo you like music?)、それを否定形にするDon’t you like music?)と、その頭の部分がミニ疑問文になります。

また、主語が This, That の場合は、ミニ疑問文の主語は it になります。また、主語が名詞固有名詞の場合は、ミニ疑問文の主語は対応する代名詞になります。

例文)

This isn’t a Japanese car, is it?

これは日本車じゃないでしょ?

Students should wear school uniforms, shouldn’t they?

生徒達は制服を着ないといけないよね?

Emma doesn’t like broccoli, does she?

エマはブロッコリーが好きじゃないよね?

また、特殊な例として、“I’m ~” で始まる文の場合は、

I’m the best person to do it, aren’t I?

(それをやるのに)私がうってつけ(最もよい人物)でしょう?

になるそうです。

付加疑問文の発音のポイント

「付加疑問文」を会話の中で使う場合、重要なのがイントネーションです。

He is a lawyer, isn’t he?

一般的な疑問文のように、最後を上げて発音すると、「彼は弁護士だったと思うけど、そうだっけ?」と相手に質問している感じが強くなります。

一方、

He is a lawyer, isn’t he?

と、通常の文のように最後を下げて発音すると、「彼は弁護士だよね。」という感じで、話し手はその内容を「確かだ」と思っている度合いが強くなります。相手に質問しているというよりも、同意を求めて話しかけている、というようなイメージになります。

発音やトーンについては、BBC Learning English の以下の動画が参考になります!ちょっと早口で聞き取るのが難しいかもしれませんが、英語サブタイトルを出して見ることもできますし、YouTubeページには書き起こし(Transcript)も記載されています。

「だよね?」と言うもっと簡単な方法

さて、「付加疑問文」のルールはわかっていただけたと思います。

でも問題は、「いざ英語で会話するとなったら、ややこしすぎて使えない!」ってこと(笑)。

いや、笑いごとじゃなく、ホントです。

冒頭にも書きましたが、ネイティブのしゃべりを懸命に聞きつつ、応答するために単語を探して文法を組み立てて、と頭がフル回転なのに、さらにこの、ややこしい「付加疑問文」のルールを当てはめて……なんて、やってられないんですよ!現実問題として。

でもどうしても、「だよね?」「ですよね?」というニュアンスを足したい、という場合があります。

そんな時に使えるのが、文末に “is that right?” と付ける方法です。

She usually come to school by train, is that right? (= doesn’t she?)

彼女は普段電車で登校しているよね?

I need to return this book by next Thursday, is that right? (= don’t I?)

この本を来週木曜日までに返却しないといけないんですよね?

また、親しい相手とのカジュアルな会話なら、

You didn’t do it on purpose, right? (=did you?)

(あなたは)わざと(それを)やったんじゃないよね?

のように言うこともできます。

“is that right?”“right?” なら、肯定・否定を入れ替えたり、文の主語や助動詞について考えなくてもよいので、いざと言う時に初心者にも使いやすいです。

覚えておくと便利です!

まとめ

日本人が「英語を勉強する」となると、比較的後回しにしがちな「付加疑問文」。もちろん後回しでいいんです。が、英語ネイティブはもちろん、普通に会話の中で使って来ます。

不思議なことに、こんなに複雑なルールなのに、ネイティブの人はまったく混乱することなく、よどみなく使いますね(笑)。くやしー。

そんなわけで、やっぱり会話の中で「付加疑問文」が使えるようになると、英語でしゃべる時の自由度が上がる、という感じがします。

しかし、すべてのバリエーションをいっぺんに覚えるのは不可能です。

そこで、私はまず、“is that right?” を覚えました。これは、英語の先生から教えてもらった方法で、いざと言う時に役に立ちました。

また、「付加疑問文」の練習法として、まず、“isn’t it?” を使えるようになろうと思いました。

It’s a nice day, isn’t is?

It’s awesome, isn’t it?

It’s funny, isn’t is?

……などなど。

「いい天気だね」「おもしろいね」「すごいね」「ひどいね」のような簡単なことを言う時、“It’s … “で始まる文が多いです。だから、そういうごく簡単な文に、“isn’t is?” をつけて、「おもしろいよね?」「ひどいでしょ?」ということから始めてみました。

いまだに、それ以上が使いこなせない私ですが(苦笑)。

最後に、本文で書きそびれましたが、付加疑問文に対して答える時は、深く考える必要はありません。

“It’s funny, isn’t is?” でも、“It isn’t funny, is it?” でも、返事としては、

  • もし funny ならば、Yes. (It’s funny.)
  • funny じゃないなら “No. (It’s not funny.)

になります。

スポンサーリンク

フォローする