日本語を英訳する方法…実は「英訳」しないのがコツ?実例解説

英語での言い方

「●●●(日本語の言葉)って、英語でどう言うの?」

「(日本語の文)を、英訳するとどうなるか?」

 

という質問は、ネット上でもよく見かけます。

突然、海外の人と英語でやりとりしなくちゃならなくて、とりあえず日本語でこれこれこういうことを、英訳して伝えたいんだけど・・・みたいなシチュエーションだと思います。

そして、そんなふうにして英訳した日本人の英語って、やっぱりなんだかちょっと、「ん?」ってなる。

 

私自身、以前は思いっきり、そうでした。

学校で教わった英文法とにらめっこ。和英辞典とにらめっこ。

そうやって作られた英文は、やっぱりちょっと、ぎこちないものがあります。

・・・それはなぜ?

ではどうすれば、ナチュラルな英文が作れるようになるの?

そのヒントを考えてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

英訳はしちゃダメ?英語で言いたいことを言う時のコツ

私自身が今はオーストラリアにいて、いまだに理想とは程遠い英語レベルではありますが、ネイティブの英語に少しずつ慣れてきている状態です。

いろんな英語の会話や文章に触れる中で、気付いたこと・・・当たり前だけど、「そもそも日本語と英語は、しくみが違う!」ということでした。

 

日常会話や身の回りのやりとりの中で、自分の頭に浮かんだ考えを英語にする、ということは、「英語を話す」ためには必要不可欠な作業です。

実はライティングの時も、同じ作業をすることになります。

 

多くの日本人の方は、「英文を書く」と考えた時、「日本語を英文に訳す=英訳する」と考えるかと思います。

でも、それは違います。

私がこちらでライティングを勉強する中で思ったことは、「自分がイメージしたことを、最も表現しやすい英語で書く」ということ、つまり基本的には「英語を話す」ことと一緒。そこに、英語のライティングで良く使われる言い回しや、文をつなぐ時の表現を、取り入れていく。。。それがよい、ということです。

つまり、会話であろうと文のライティングであろうと、最も大切なことは

「主語(誰が) + 動詞(どうする) + 目的語(何を)」(文)

をイメージすること。

そして、それをシンプルな英文にする。

そこに、たとえば形容詞副詞を足したり、接続詞関係代名詞を使って2つの文に関係を持たせたり・・・ということで、文を広げていく。それは、とりあえずオプションととらえ、自分の現在のスキルに合わせて、できる範囲でやっていけばよいのだ、と思います。

 

ちなみに、本当に「英訳」=「英語翻訳」とは、それを高度なレベルで行うことだと思います。

その日本語の文章が書かれた背景を読み取り英語の読者にそれがもっとも伝わりやすい形で英文にする、という作業ですよね。日本語と英語の、「言語としての違い」を考慮しながら、それを行います。

英語と日本語双方の幅広い知識、テーマに関する専門知識、正確な表現などなど、高度な専門性が求められると思います。

 

ただし、「英語で必要なことを伝える」ことを目的とした一般の英語ユーザーにとっては、そこまでのレベルはとりあえず必要ないと考えてよいでしょう。

今自分の持てる知識を最大限に使って、効果的な「英文」を作る方法を考えましょう。

 

では、実際にある質問サイトでみかけた、「この日本語を英訳してください」という内容を例に取り上げて、私が(汗)英訳してみたいと思います。

私の英語レベルは、このブログで何度も書いてきています。専門的な「英語翻訳」のレベルではとうていありません。

 

が、多くの人が「英語が伝わればいいな・・・」と思うくらいの英語表現をめざして、考えていきます。

日本語英訳の例文1

「私の夢は、海外のたくさんの人に日本の魅力を感じてもらい、好きになってもらうことです。」

日本語なら、とってもスムーズな表現です。

 

でも英語にする場合・・・

「私の夢は・・・ことです」 とか

「~の魅力を感じてもらい」 とか

「好きになってもらう」 とか

・・・って、どう表現するの?

 

「あーーーー、言えない、書けない・・・」

って思ってしまう人が多いんじゃないでしょうか?

でも、英語の表現力が豊かでない初心者の人でも、何かしら言えることはあるはず!

 

「私の夢は・・・ことです」という日本語にこだわって英語を考えてしまうと、” My dream is that ~~ “ と始めようとして、後がどう続けていいのか混乱しちゃいます。

夢、つまり「~できたらいいな」ということですよね?なので、たとえば “I hope I can ~” って始めてはどうでしょうか。

あえて「私の夢」と強調するなら、とりあえず必要なことを言った後で、”That’s what I’m dreaming of.” (それが私の夢見ていることです)と付け足してもいいかも?

 

「魅力を感じてもらう」と言いたい気持ち、日本語のニュアンスはよくわかります。

英語の表現の上手い達人なら、そんな雰囲気を伝える、適切で文学的な英語表現ができるでしょう。

でも、今の私の英語レベルでは、そんな表現は思いつきません。

だから私は、「日本の素晴らしい物を海外の人に知らせたい」って考えます。

 

「好きになってもらう」は・・・受け身?それとも「好きにならせる」=使役?

そう難しく考えず、つまり「(海外の人が)日本のことを好きになる」ってこと。

たとえば、受け身や使役「させる」は、すんなりと使える場合はよいですが、イマイチ頭がこんがらかってしまう場合は、動作の対象を主語に持って来てしまうのが、最も簡単でわかりやすい方法。

 

というわけで、こんな英文にしてみました。

“I hope I can let many foreign people know that there are a lot of fantastic things such as food, culture and nature, in Japan, and I will definitely be happy if they love my country. That’s what I’m dreaming of.”

 

” let  (人) know that  ~(文)” は、「(人)に (that 以下の文)であることを知らせる」という表現です。” tell many foreign people that ~” でもいいかも。

また、” such as food, culture and nature, ” (食、文化、自然といったもの)は、日本語の原文にはありませんが、このような具体的な内容を2,3入れた方が、英語の文章としてはナチュラルではないか、と思い、オプションとして書いておきました。

 

日本語英訳の例文2

「この企画で学びたいことはリスニング力をつけることです。リスニングの試験での点数がいつも悪いので改善したいです。」

これも、日本語ならば、なんてことない表現です。

でも、英語にすると・・・

 

「学びたいことは・・・です」 とか

「リスニング力をつける」 とか

「点数が悪いので改善したい」 とか・・・

 

ど、どう言うの????ってなっちゃいますね。

もちろん英語でも、難易度の高い表現をしようとすれば、いくらでもあります。

でも、英語初心者の人が英語で言おうと思うなら、自分が言えるレベルまでとことん簡単に簡潔にしちゃいましょう。

 

原文の言いたいことは、

「この企画の中で、リスニング能力を良くしたい。リスニング試験でもっといい点を取るために。」

ということです。

 

「リスニング能力を良くしたい。」・・・って、英語で簡単に言うには?

学校の授業などで、成績を上げること、勉強ができるようになることを表す時、improve という動詞がよく使われます。勉強に限らず、何かのスキルや能力をより高めていくことを表します。たとえば・・・。

 

“Her English has improved a lot.”
彼女は英語が上達した。

“I need to improve my English more.” 
私はもっと英語がうまくならないといけない。

 

というわけで、「リスニング能力を良くしたい」は、“I’d like to improve my listening skills.” と言えます。

 

「テストでもっといい点が取る」は、英語にしやすいです。

“I can get better marks in exams.”

 

2つの文を、「試験でいい点を取るために、リスニング能力を改善したい」とつなげます。

(文1)so that (文2) = 「(文2)をするために、(文1)をする」 ※thatは省略可

というつなぎを使って、こんなふうに言うことができます。

“In this seminar, I’d like to improve my listening skills so (that) I can get better marks in listening exams.”

※「企画」は、たぶん講座みたいなものかな、と思い、seminar(ゼミ、少人数の演習や講習)にしましたが、course(講座、講習)でもいいかも?

※「試験の点数」は marks、または scores でもよいかも。

※「テスト」は exams、 または tests でもいいかも。

これらの名詞は、状況に応じて適切な言葉を選んでください。

 

もちろん、もっと英語上級者の人なら、もっと適切で優れた表現をするかと思います。

でも、私のレベル(IELTS overall 6.0) なら、こんな感じです。

まあ、細かい表現はおいといて、このくらいだったらちょっと言えそう!?

少なくとも、思ったほど難易度の高い表現ではない、と感じるのではないでしょうか。

 

まとめ

自分の言いたいコトを英語にする=英訳のコツとは、まず日本語らしい繊細でふんわりした表現を捨て、とことんシンプルにすること、と私自身は思っています。

文の基本「主語 + 動詞 +目的語」をイメージして、英文を組み立てましょう。

日本語では、主語をぼかしたり、目的語があいまいだったりすることも多いので、逆にガッチリ日本語で考えてからそれを英語にしようとすると、うまくいかないんです!

頭で考えたイメージを、英語で表現する。

これを日本語でない言葉でやるには、慣れるまでは大変です。

以下の過去記事でも、頭の中の考えを「英語で言う」ためのコツを紹介しています。

大人の英会話初心者が英語を話せるようになるための小さなコツ。
簡単な英語なのに、言おうとすると言えない…と思う英語初心者に。頭の中で考えたことを英文にする際の、ちょっとしたコツを紹介します。

 

もう一つ大切なことは、自分の言いたいことを言う時に、英語での表現方法は一通りではない、ということです。

日本の学校教育では、特に試験などで、日本語を英訳する問題で「●●というイディオムを使いなさい」「関係代名詞を使いなさい」というようなパターンがあります。
指定された言葉を使わないと、×になってしまいます。

まあ試験だからしかたない?のだろうけど、本来は英語にだって色んな言い方があります。

人によっても、方言によっても、異なる言い回しをすることはあります。

ネイティブ同士でも、「こういう言い方はあんまりしない」「いや、普通に言う」と意見が分かれることもあります。

あるいは、ネイティブからすればちょっと不自然だけど、言いたいことは十分理解できる・・・というレベルの英語もあります。

自分が一番伝えやすく、身近に思える表現を使って、必要なことが言い表せること・・・これが「英語ができる」ことの第一目標ではないでしょうか?

それを、「英語は絶対正しいものがあり、それ以外は間違いだ」という感覚を学生たちに植え付けてしまうような英語教育は、私は正直、反対ですね…。

言いたいことが英語でうまく言えるようになる、ということは、「日本語を英訳する」ことがうまくなることではなく、「こういう時、英語ではこういう言い方がある」というパターンのストックが、自分の中に増えてくる、ということだと思います。

たくさんの英語に触れて、そのパターンを自分の中に増やしていくこと。

それが、よりナチュラルな英文を作るコツではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました