海外で買い物する時に絶対役立つ!英語の単語・表現

国による英語の違い

海外に住むとまでいかなくても、海外旅行に行くことはあるかと思います。

その時、誰もが必ずすることと言えば……『お買い物』!

おみやげを買ったり、食べ物を買ったり。

でも、いざお店で買い物をしようとした時、

「日本語なら当たり前にわかる、本当に簡単なことが、英語ではわからない・言えない(涙)。」

ということが、私自身はオーストラリアに来た当初、数多くありました。

「『買い物』なんて、誰もができるよ。」と思うけど、実は英会話初心者にとっては、戸惑うことだらけ。

せっかく海外に行くのだから、買い物くらいは自信を持って、楽しみたい!

また、今はネット通販も非常にポピュラーなため、オンラインで海外のショップから商品を購入したいと思う人もいるでしょう。が、英語の説明がよくわからなくて、二の足を踏んでいる人もいるのでは?

 

英語でお買い物を楽しみたい人のために!

今回は、海外で買い物をするために必要な、「支払いや買い物に関する英単語」や、広告などによく登場する「英語の値段の表現・商品の注意書きの表現」を、紹介したいと思います。

私自身が、オーストラリア生活の中で、とても身近に触れる言葉ばかりです。

 

スポンサーリンク

お金・支払いに関する単語

お買物する時に、必ず必要となるのが、お金や支払に関する、基本的な単語。

 

“How much is it?”

それはいくらですか?

 

は、おそらく誰もが最初に覚える、買い物のための英会話だと思います。

が、値段がわかったとしても、いざ支払いの時になって、「現金で払います」が言えなかったり、change と言われて「???」となったり……。

 

ここでは、お金を払う時に欠かせない、基礎的な英単語を以下にまとめます。

英語で買い物をする時、覚えておくと絶対に役立つ単語ばかりです!

 

 英語  意味
price 値段・価格

 

price list(値段表)

price range(価格帯)

price tag(値段を示すタグ)

change おつり
cash 現金
credit  クレジット
refund 返金・払い戻し金(不良品などで返品した場合、商品の代金を返してもらえます。そのお金。)
receipt レシート
bill 請求書。また、飲食店の勘定
interest 利息
check-out

(イギリス英語)

(お会計の)レジ

 

self check-out(自分で会計する機械、セルフレジ)

check-out lane((スーパーなどの)レジのレーン(列))。

ホテルのチェックアウトも、check out と言います。また、アメリカ英語では、お買物のレジ(会計場所)のことは、cash-register と言うみたいです。

EFTPOS

※詳細は下に

EFTPOSは、オーストラリアやNZで使われているシステムで、銀行のカードを使って、口座から引落しで支払できる。しかし、クレジットとは違い、口座にお金が足りないと支払ができない。

 

『エフトポス』と発音する。

flybys

(flybys card)

オーストラリア限定?

Coles、Target、Kmart などの大型店舗で共通で使用できる、ポイントカードのこと。

会計の時に、「flybuys持ってる?」とよく聞かれる。

『フライバイズ』と発音する。

 

 

 

【EFTPOSについて】

※オーストラリア・ニュージーランドに来る予定の方は、知っておくと便利!

オーストラリアの銀行に口座を開くと、キャッシュカードにEFTPOSがついている。オーストラリアではキャッシュレス化が進み、多くのお店でEFTPOSでの支払いが可能。

EFTPOSで支払う時、cheque/savings/credit のどれかを選ぶように言われるので、クレジットならば credit、そうでなければ savings を選ぶ。savings は、「自分の口座からお金を引き落とす」という意味で、銀行の savings account とは別の意味。cheque はよくわからない(汗)が、取引用口座(transaction account または cheque account 等と呼ばれる)と結びついているよう。多くの人はsavingsを選ぶようである。

デビットカードとの違いは、ネットショッピングには利用できない

また、カードを読み取る機械のことをEFTPOSと言うこともある。

cash-out を選ぶと、自分の口座から現金を引き出すこともできる(ATMへ行かなくても)。その際は、必ずsavingsかcheque を指定する(credit はできない)。

 

お金を払う際、覚えておくと便利な言い方を、以下に紹介します。

Can I pay in cash?

現金で払えますか?

 

Can I pay by (credit/debit) card?

(クレジット/デビット)カードで払えますか?

 

Can I pay by EFTPOS?

EFTPOSで支払できますか?

 

I’d like to pay [in cash/by card/by EFTPOS].

現金/カード/EFTPOS で払いたいです。

 

Can I have a receipt?

レシートいただけますか?

 

Three dollars change.

3ドルのおつりです。

 

“No split bill”

個別会計お断り

 

お店・ネットショップに関する英単語

お店で買い物する時、ネットショップで通販を購入する時……。

日本語なら何も考えずに使っているけど、いざ英語だとパッと出てこない、という単語があります。特に英語初心者にとっては、そういう英単語は意外と多いのでは。

以下に、買い物の時によく必要となる英単語をまとめます。

英語 意味
shop staff 店員さん
deli デリ

肉・魚・ハム・チーズ・お惣菜などを計り売りしているカウンター。

changing room

dressing room

fitting room

試着室

※changing room は、運動場などの更衣室にも使われる。

plastic bag ビニール袋
stock 在庫
delivery 配達・配送

スーパーマーケットなどのオンライン購入や飲食店の配達注文など。

 

free delivery(配達料無料)

shipping 通販などの送付・輸送
postage 郵送料
pickup in store

in-store pickup

(ネットショッピングなどで注文した物などを)店頭で受け取ること
layby

※詳細は下に

レイバイ

分割支払で購入する方法。

 

 

【レイバイ(layby)とは?】

購入したい品物を、お店に取り置いてもらい、決められたペースでお金を分割して支払っていくシステム。支払が終わったら、商品を受け取ることができる。最初に保証金として10-20%前後の預け入れを行う。また、少額の手数料が必要なこともある。利息はかからない。

※オーストラリアでは、子どものクリスマスプレゼントや、引っ越しの時の家具などを、レイバイで購入する人も多いみたいです。

 

お買物の時に、知っておくと便利な言い方を以下に紹介します。特に英語初心者の方は、海外旅行でも使えることまちがいなし!

 

Can I have this one?

これもらえますか?(これください)

 

Can I try this on?

これ試着していいですか?

 

Do you have a red/black/smaller/bigger one?

(これの)赤い/黒い/もっと小さい/もっと大きい ものありますか?

 

Do you have another color?

色違い(別の色)はありますか?

 

Can I see another one?

他のものを見てもいいですか?

 

I prefer this one.

こっちの方がいいです。(2つを比べた時など)

 

“Get free delivery or in-store pick-up when you buy online.”

オンラインで購入したら、無料配送か店頭受取できます。

 

英語圏で使われる!お買物用語

 

日本では、お店の値札やチラシなどに、「お買い得!」「半額!」「●●円お得!」みたいな表示がよくありますよね。通販でもよく見かけます。

やはり英語でも、そのような表現はあります!

オーストラリアで生活していく中で、私は少しずつ慣れてきましたが、最初は「へー!」の連続でした。

 

そのような、商品の表示値段表示などによく用いられる、英語の表現を以下にまとめます。

英語圏の店頭や、オンラインショッピングでも、よく目にするものばかりです。チェックしておくと、海外でのショッピングもこわくない!

※数字は仮に入れてあるので、適宜応用してください。

 英語  意味
2 for $3 (同じ商品)2つで$3。

たとえば、1つだけ買う場合は、$2だったりする。

any 2 for $3 いくつか種類がある中で、どれを選んでも2つで$3。
$99 – was $129 $99 – 定価$129。
$18 – save $3.99 $18 – $3.99 お得。(定価より$3.99安い)
$6.99 2pk (pack) 2つ入りのセットで、$6.99。
$29.99 ea(each) (バリエーションがある中で)各一個 $29.99。
half price

1/2 price

半額
deal お買い得。

例)

great deals!

the real deal!

a hot deal!

「超お買い得!」

up to 40% off 最高40%オフ。(色々割引商品がある場合)
5 years warranty 5年保証
non-refundable (一度予約や購入された商品に対し、キャンセルや返品を行っても)返金できません。
buy 1 get 1 free 1つ買うと、もう1つ同じものが無料でもらえます。
buy 4 or more $89 ea – single price $98 4つ以上買うと、1個$89。それ以下だと、1個$98
other colour/size available 他の色/サイズもあります。
limited quantity available 数量限定品。(限られた数だけ用意してあります)
accessories not included 付属品は含まれておりません
on sale Wednesday 21 June to Tuesday 11 July 2017 セールは2017年6月21日(水)から7月11日(火)まで
while stocks last 在庫限り(在庫が続く間)

まとめ

海外で生活する際、誰もが避けて通れない『買い物』

その時に必ず必要となる単語や、英語表現をまとめました。

これらは、海外に在住する人だけでなく、海外旅行に行っておみやげを買ったり、海外の商品をオンラインで購入する場合にも、よく見かけるものだと思います。

たかが『買い物』と言えども、国によって日本とはシステムが違うことも多くあります。

英語を使った買い物とは、英語の知識だけでなく、そうした事情に対する知識も必要なんですね。

私はオーストラリアのことしか詳しい内容は紹介できませんが、この記事が、海外で買い物をしたい人の役に立てたらうれしいです。

 

また、海外から通販で購入する時、以下の記事も役立ちます。

英語で住所の書き方。日本の住所はどう書く?順番は?
日本の住所を英語で書く場合、どんなふうに書けばよいでしょうか?基本的な住所表記のしかた、英語圏の住所表記のしくみ、海外へ・海外から郵便物を送る場合の住所氏名の書き方を解説します。

 

海外旅行に行く前に読んでおくと役立つ!おすすめの記事は、こちら。

海外旅行で!英語が話せない初心者のための、とっさの挨拶集。
英会話初心者向け。海外旅行のシチュエーションで、誰もが必要になる、さりげない言葉だけど言えたら便利な挨拶をまとめました。
タイトルとURLをコピーしました