英語を話す機会がない?ならば少ない機会で確実に上達しよう!

英語の勉強法

日本で「英語を話せるようになりたい!」と思って、英語の勉強に取り組んだ時、やはり大きな悩みは、

英語で話せる相手がいない・・・

英語圏の外国人と知り合う機会がない・・・

ということだと思います。

だから、英会話が学べない・・・

 

いえ、そう悲観することはありません!

確かに、日本では「英語をしゃべらなくても暮らしていける環境」です。だから必要に迫られて英語をしゃべる機会はほとんどないかもしれません。

しかし、英語圏に住んでいるから、かならずしも英語が話せるようになる、とは限りません

そう、確かにネイティブの人とガチで英語を話す状況下に置かれれば、「ネイティブの人と英語で話すことに慣れる」ことはできます。

でも、「英語でちゃんと会話ができるようになりたい。」と思うのであればあるほど、「慣れる」だけではダメだ、ということがわかるでしょう。

単純に「海外の人と話す」機会を増やすことだけが、英語をうまく話せるようになる近道ではありません。

そのわけは?

スポンサーリンク

ネイティブと話す機会が多いことが、必ずしも英会話上達の条件ではない理由

私はこのブログを書くために、色んな人の英語学習のブログを読んでいますが(笑)、「英会話スクールやスカイプレッスンでしゃべるだけでは、英語は話せるようにならない!」と、多くの人が指摘しています。

これは私も本当だ、と思いますね。

 

「英語を話す」ためには、まず、自分が言いたいことを英語で言葉にするための「単語(語彙)」「言い方(文法)」を知らなければなりません。

また、自分が「言おう!」と頭で考えたことを「英語で言葉にする」という動作そのものも、実は練習が必要です。

私達はいつの間にか日本語を覚えました。頭で考えたことを日本語で言葉にするために、何も意識することはありません。だから、「考えを言葉にする」ということは、ある程度の単語と文法の知識さえあれば自然とできる、と思うかもしれません。

が、新しい言語(英語)でそれをやるためには、やはり意識的な訓練や練習が必要なのです。

もちろん、「会話」ですから、相手の言っていることを聞いて理解できることも必要です。
ネイティブが使うレベルの語彙や文法、表現は、たいへん幅広いですから、それを覚えて知識を増やしていくことも必要です。

「会話の体験」そのものが会話をうまくする、というよりは、こういった基礎力があって初めて「英会話ができるようになる」ということ。

そこまでの準備ができた時、「英語を話す機会」を得たら、その貴重な体験から学ぶこと・発見することは大きいはず!

「人と会って会話する」以外の時間の使い方が、大切だと思います。

 

ちなみに、私は英語圏に住んでいるから、毎日ネイティブと話す機会がたくさんありそう・・・と思われるかもしれません。

実際、毎日何時間くらい、ローカルの人と英語で会話をすると思いますか?

 

私の家族はみな日本人なので、家の中では基本的に日本語です。

機会があれば、ローカルの人と長い会話をすることもありますが、そう毎日ではありません
私は一人で仕事をしているので、人とほとんど話をしない日もよくあります。

ローカルの人達だって、みんな自分の生活があり、忙しいですからね。ヒマがあれば会話に付き合ってもくれるでしょうが、用事もないのに、こちらが英語の会話の練習をするために、わざわざ話に付き合ってくれる人なんて、普通いないですよね。

かといえば、いざ「英語を話さなくちゃ!」と迫られる場面もあります。しかも、それって結構重要な場面だったりします。

そういう時に、英語がうまく話せないことが、すごく悔やまれる(苦笑)。

つまり、いつ訪れるかわからないけど、そういう「いざ!」という機会のために、一人でできる勉強や練習がとても大切だな~、と私は実感しています。

 

一人で話す練習をする

ところで、語彙や文法は、本などから学べるけれど、「話す」練習は、話す機会がないとできない・・・と思われるかもしれません。

でも考えてみると、日本にいても「英語を話す」機会がないわけではないんですね。

話せばいいんです、英語で(^^)。

 

以前のブログにも書いてきましたが、誰もがもっとも手軽にできる、「英語を話す練習」は、

「独り言を英語で言う」

です。

正確に言うと、話を聞いてくれる人がいる、と想定して、その人に対して話す、というスタイルです。

ただ、実際は誰も聞いているわけではないので、「独り言」なんですが。

身の回りのちょっとしたことでいいので、自分の考えを英語で言ってみる。

・・・たとえば、知り合ったばかりの外国人の友人が、「あなたはどんなところに住んでいるの?」「あなたの出身地はどんなとこ?」と聞いてきた場合、どう英語で説明しますか?

自分の住んでいるところは、東京から●●方面に何キロくらいで、高層マンションがたくさん建っている住宅地で、特に観光スポットはないけれど、大型スーパーやコンビニが近くにあって、暮らしやすいし、都心まで電車一本でいけるので、結構人気の場所で人口は多い・・・

英語で言えますか?

独り言である程度の量が話せないなら、リアルな会話になったって、話せるはずがありませんよね?

貴重な「英会話の機会」を得たって、結局相手の話を聞いてウンウンとうなずくことしかできません。

独り言でつぶやく内容は、どんなことでもよいと思います。

もしも、どこかで海外の人と友達になる機会があったら、、、どんな話をするかなぁ?

・・・なんて想像してみたら、話したいことはたくさん出てくると思います。

わからない単語は、辞書で調べて行きましょう。

 

初心者の人が、「英語を話す練習」をまず何から始めたらよいか?については、こんな記事も読んでいただけるとよいと思います。

英語を話す練習、初心者は何から始めればいい?
英語は学校で勉強してきたけど、実際に「英語を話す」経験がない、という人は少なくないと思います。私自身もそうでした。そういう人が英語を話せるようになるために、どんな練習から始めたらよいか?自分自身もやってきた、誰でもできる『最初の一歩』の練習法を紹介します。

 

また、独り言のネタ帳としても利用できる、話すための基礎となる文法を学ぶのによいテキストは、こちら。

英会話に使える文法を学びたいなら絶対おススメの本。ケンブリッジGrammar in Use。
世界で英語を学ぶ人達が必ずといっていいほど使用している、文法本とは?CambridgeのEnglish Grammar in Useの詳しい内容と、おすすめの使い方を紹介しています。

 

身近な人と英語で話す

これ、実は私はおススメしたいですね。

これだけ日本でも英語学習がさかんなのだから、身近に一人二人は「英語が話せるようになりたい!」と思っている人がいるのでは?

そういう人同士、あえて英語で会話する機会を作ったらよいと思います。

たとえば夫婦同士でも。

ママ友同士でも。

会社の同僚同士でも。

親子でも。

ところで日本人の人は、概して日本人同士で英語を話したがらないですよね?「ヘタに思われたらハズカシイ」といった心理が働くのでしょうか・・・

逆に、お互いに励まし合って、「私もがんばろう!」というキモチになれればよいんですが。

「英語を話す練習」であれば、わざわざお金をかけなくても、身近な人同士協力し合ってやれることはあるのでは・・・?

 

もうひとつ、「身近な人と英語で話す」ことのメリットがあります。

自分と同じくらいの英語レベルの人が話すのを客観的に聞くことで、色々と気づく点があるのです。

たとえば、私達は普段、「聞く」練習といえば、ネイティブの音声や動画、リスニング用の教材だったりします。だから「お手本の英語」しか聞く機会がない。

でも、自分と同じように「英会話がまだまだ得意でない」人がしゃべるのを聞くと、どのへんが(聞く側として)聞き取りづらいか、理解しづらいか・・・に気づくことができます。

そこを、自分自身の「話す」練習に、取り入れていくことができます。

お茶でも飲みながら、車に乗りながら、歩きながら、、、身近な人とこういう機会を作ってみてはいかがでしょうか?

 

英会話レッスンを受けるなら

 

最初に「英会話スクールに通うだけでは話せるようにはならない」と書きましたが・・・

自分でできることをやった上で、英語が上手な先生としゃべるという貴重な機会をうまく活用すれば、とても効率的に上達できると思います!

特に日本で日常生活を送っていると、海外の人と接する機会そのものが少ないと思います。

その中で、英会話教室やオンライン講座などは、やはりもっとも確実に、「海外の人と英語を話す」体験ができる機会、と言えます。

 

もうひとつ、英会話レッスンを受けるメリットがあります。

「独り言で練習する」「身近な人と英語で話す」と言う方法だけでは、間違いを直すことは難しいです。「それならこういうふうに表現した方が、もっとナチュラルに聞こえる」と言ったことも、気づきにくいです。

あるいは、「こういう時はどう表現したらいいんだろう?」「本を読んだけどイマイチ納得できない」・・・など、独学でやっていると、やはり壁にぶち当たる時があります。

そういう時に、先生にアドバイスを求めたり、間違いを直してもらうことにより、効率的に上達できるでしょう。

 

私自身も、ここ西オーストラリア・パースに来てから2年ほど、1~2週間に1回1時間、英語教室に通っていました。

先生の方で、毎回学習のテーマを用意してくれましたが、1時間の中でできることは限りがあります。

だから、先生がいなければ学べないこと、、、新しい語彙や表現について、理解しずらい部分などを解説してもらうことに重点を置きました。後は発音の確認など。

そして、自分で家で「話す練習」をする時にそれを取り入れてみる、といったことを積極的にやりました。

まとめ

日本人が英語を話せないのは、「英語を話す機会」がないからだ、と多くの人は考えると思います。

確かに、日常的に英語を使う必要がない日本の環境では、海外で否応なく英語だらけの環境にいるのに比べたら、英語を話しづらいことは否めません。

ただ、実際に海外で生活しながら英語を学んでみて、逆にどこにいても、自分で練習できるかどうかが大きいのでは、と思いました。

 

「英語を話す」というと、海外ドラマなどのように、タイミングよく早口でポンポン単語を繰り出すことのように思われるかもしれません。

が、本当に海外の人とコミュニケーションするために「英語を話す」ということは、落ち着いて、必要な単語を使って、文を組み立て、言葉にする。というシンプルな作業に他なりません。

自分でできるトレーニングをやりながら、自分一人ではできない部分を補うために、英会話教室やオンライン講座などを受ければ、「英語の上手な人と話す」という貴重な機会を最大限に生かしながら、上達していけると思います。『海外の人と英語で話す』経験はやはり大切で、英語で話す力を向上させるために大きな力になります。

「日本にいながら英語を話す機会を増やす方法」として、日本人の大人に長年英語指導をしてきたプロが教えてくれたアイデアは、とっても役に立ちますよ。詳しくは以下の記事をお読みください。

英語指導のプロが語る『大人の英語の勉強法』は、超シンプルだった!
日本でできる、英語の勉強法は?特に大人・社会人の人で、英語初心者の人におすすめの英語勉強法を、英語ネイティブで15年以上日本の社会人に英語を指導してきたプロに、ズバリ聞いてみました!

日本だから「英語を話す機会がない」と悲観しないで・・・

できることを続けた人が、英語を話せるようになります!

タイトルとURLをコピーしました