文法を学ぶ

文法を学ぶ

英文の中の副詞の位置。正しく覚えて英語表現の幅を広げよう!

副詞はナチュラルな英語表現には欠かせないもの。でも、文のどこに入れたらよいか?位置のルールがややこしいです。形容詞を修飾するもの。文頭、文中、文末に来るもの。動詞との位置関係。「副詞の位置」の基本ルールをまとめました。
文法を学ぶ

英語で「~より大きい」「~倍大きい」大きさや量を比較する表現

英語で大きさが「~より大きい」「~より小さい」、量が「~より多い」「~より少ない」。なんとなく比較級を使うことはわかっても、実際にどう言うのでしょうか?また、「~倍多い」「~パーセント大きい」などは?大きさや量を比べる英語表現を、豊富な例文と共に詳しくまとめました。
文法を学ぶ

英語文法の基礎!文型の種類と覚え方、カギは「動詞」にアリ。

英文を作る時に最も基本となるものは「主語+動詞」。特に「動詞」は、文型を決める重要な要素です。動詞の種類とは?辞書を調べる時、覚える時のポイントは?英語の文の組み立て方を理解するために必要なことをまとめました。
文法を学ぶ

英語で複数の形容詞を並べたい時。実は順番に決まりがある!

英語で物の様子を表す時、形容詞を名詞の前につけます。が、「素敵な」「新しい」家、「小さい」「白い」ねこ、など、複数の形容詞を使いたい場合、形容詞の並べ方に決まりはあるのでしょうか?そのような場合の「形容詞の順番のルール」について、基本をまとめました。
文法を学ぶ

英語の仮定法とは?仮定法過去と仮定法過去完了、使い方と例文を紹介。

英語の「仮定法」。文法書にはさまざまな用法が載っていますが、実際に現代の英会話や読み書きで必要な、基本的な使い方を説明しています。仮定法過去と仮定法過去完了の違いを中心に、If I were you, I would...や、I wish ...の使い方、would の入った文の意味についてまとめました。
文法を学ぶ

英語で「もし~ならば」正しく言える?if の4つの使い方。

「もし~なら、~だろう」という表現。日常会話でもよく使います。英語の場合、if という接続詞を使って表現しますが、意外と混乱しやすい if 文の文法。この記事では、現在~未来、過去形、過去完了形、現在形の4つのパターンについて、文型と意味を整理し、豊富な例文とともに使い方を説明しています。
文法を学ぶ

英語で「だよね?」の言い方は?付加疑問文を覚えて会話上手になる!

会話の中で自然と出る「~だよね?」「~ですよね?」「~でしょ?」というニュアンス。英会話では、付加疑問文を使います。付加疑問文の文法ルールは?また、実際に英語初心者が会話の中で使うには、何から覚えて行ったらよい?ということについて、例文と共に説明します。
文法を学ぶ

ペラペラじゃなくても伝わる英語を話すコツ。文法より大事なコトは?

英語を話せるようになる、というのは、必ずしもネイティブ並みになることじゃない!ペラペラじゃなくでも「言いたいことを英語で伝える」ことはできます。そのコツは?文法より大切なことは?筆者が英語圏で体当たりで学んだ「伝わる英語」を話すコツを紹介します。
文法を学ぶ

「~だけど/なのに、~だ。」と英語で言いたい!表現方法と例文。

英語で「~だけど」「~なのに」ってどういえばいい?but, even though, although などの接続詞を使って表す表現、in spite of と despite を使った言い方、though を文末に付ける使い方を、例文とともに説明します。
文法を学ぶ

「~のようだ」「~みたい」の英語表現。look/sound/seemを使って。

「(どうやら)~のようだ」「~そうだ」「(どうも)~らしい」「~みたいだ」などなど、見た感じや聞いたことから判断して様子を表すことがあります。英語では、どう表現するのでしょうか?look,sound,seem,appear,apparentlyの使い方を説明しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました