英語文法の基礎!文型の種類と覚え方、カギは「動詞」にアリ。

文法を学ぶ

英語を学ぶ時に、目標地点と言うのは人それぞれだと思います。

「私はネイティブレベルじゃなくていいから、せめて基本的なことくらいは英語で言えるようになりたいな。」

と思う人も多いでしょう。その場合、

「とにかく、挨拶や返事のしかたなど、決まり文句を覚えるのが近道では?」

と考えるかもしれません。

もちろん、それも大切なこと。

しかし、人とのコミュニケーションの場面では、会話の内容は驚くほど多くのバリエーションがあります。英語を話す場面に遭遇すればするほど、「自分が言いたいことを言うために(あるいは相手の言いたいことを正確に理解するために)、英語の文のしくみを知っておくことがとても役に立つ」ということを実感するのではないでしょうか。

というわけで、今回は「英語の文を作る時、最も基本となるものは?」ということ、英語の文を組み立てる時に重要なポイントのひとつを紹介します。

 

英語にはいくつかの文型がありますが、それがどうやって決まるのか?

重要なのは、「動詞」

動詞の種類によって、英語の文型にバリエーションが生まれることを説明します。

 

スポンサーリンク

英文になくてはならない要素は?

英語の文は、いくつもの単語からできています。

その中でも、英語の文の中で「これがなくては英文ではない!」という要素があります。

それは……。

主語 + 動詞。

 

文の基本は、「誰が・何が(主語) + 何をする(動詞)」からできています。

 

例文)

Sam and Anna  go  to the library  every Friday.

サムとアンナは毎週金曜日に図書館へ行く。

  • (主語:誰が?)サムとアンナ
  • (動詞:何をする?)行く
  • (補足)図書館へ、毎週金曜日に

 

My son  cooked  dinner  this evening.

今夜は私の息子が夕食を作った。

  • (主語:誰が?)私の息子
  • (動詞:何を?)料理した
  • (補足)夕食を、今夜

 

I will give you my address later.

私の住所を後であなたに渡しますね。

  • (主語:誰が)私
  • (動詞:何を)あげる
  • (補足)あなたに、私の住所を、後で

 

 

上のように、「動詞」の部分は、「~する」だけじゃなく、過去のことを「~した(-ed, did など)」といったり、未来のことを「~するだろう(will + 動詞/ be going to + 動詞)」と言ったりしますよね。現在進行形や、現在完了形になったり。

あるいは、「~することができる(can + 動詞)」「~するかもしれない(might + 動詞)」などなど……、いろんなパターンに成り得ます。

しかしながら、基本的にどんな英語の文も、「主語 + 動詞」を基本にしています。

 

ですが、ほとんどの場合、主語+動詞だけでは、文は不完全です。言いたいことが十分には伝わりません。

そのため、上に書いた「(補足)」の部分が必要になります。英語では、これらの「補足」は、通常「動詞」の後に続きます。

 

ところで、上の3つの例を見てみると、

Sam and Anna  go to the library …

My son cooked dinner

I will give you  my address

となっていて、文によって、動詞の後に続く単語のパターンに違いがあります。

“go to the library… “ のように、「 to + 名詞 」(~に)となっている文もあるし、“cooked dinner …”, “give you my address…” のように、動詞の後に直接「名詞」が来たり、さらに「名詞」が2つ続くパターンもあります。

では、どんな場合に to などを付ける必要があり、どんな動詞はつけないでいいのでしょうか?

 

動詞には2種類ある?

ここで知っておかなければならないのは、「英語には2つのタイプの動詞がある」ということ!

(1) 目的語と一緒に使う動詞 – Transitive verb (T)

動詞の後に、必ず「~を」に当たる名詞(これを目的語という)が続くもの。

その行動を行うには、「対象」が必要な動詞なので、必ずその対象が「何か」を示す「目的語」が必要です。

日本の文法用語では、このような動詞を「他動詞」と言います。

例文)

I know him.

私は、を知っている。

 

I drink coffee every morning.

私は、コーヒーを飲む(毎朝)。

 

 

(2) 目的語を必要としない動詞 – Intransitive verb (I)

動詞の後に、目的語がつかないもの。

その行動は「対象」を必要としない動詞なので、「目的語」を必要としません。

日本の文法用語では、これを「自動詞」と言います。

例文)

She came at 6 o’clock.

彼女は、来た(6時に)。

 

I work at a cafe.

私は、働いている(あるカフェで)。

 

「他動詞」と「自動詞」の例)

T verb (他動詞) I verb(自動詞)
see(~を見る、~に会う)

love(~を愛する)

know(~を知っている)

put(~を置く、~を取りつける)

learn(~を学ぶ)

catch(~をつかむ)

get(~を得る、~を手に入れる)

eat(~を食べる)

help(~を手伝う、~を助ける)

などなど。

go(行く)

come(来る)

run(走る)

work(働く)

stay(とどまる)

dance(踊る)

sleep(眠る)

walk(歩く)

listen(聴く)

などなど。

 

これを見て、漠然と「『~を』が必要なのが他動詞、それがいらないのが自動詞なんだな!」と思うかもしれません。

確かにそれは、ある意味では正しいです。が、100%ではありません。

日本語に訳した時、「~を得る」「~を見る」「~を食べる」……と言うから、「(英語の)他動詞」、とは限りません!(その逆もまた同じ)

では、どの動詞が「他動詞」なのか、「自動詞」なのか、どう見分けるのでしょうか?

 

…… 英和辞書 を見てください!

たとえば私の持っている 電子辞書 エクスワード では……。

‘know’ を引いてみると、

 

‘come’ を引いてみると、

このように、辞書には必ず、動詞については、「自動詞」「他動詞」という表示があります。

また、英英辞典の場合は、(T)(=他動詞)とか(I)(=自動詞)とか書いてあります。

 

動詞の種類で文型が決まる

他動詞(T)の場合、

“I know him.”

“I drink coffee …”

などのように、動詞の後に目的語にあたる名詞が来ます。この目的語が来ないと、不完全な文になってしまうのです。つまり、ネイティブにとっては、「不自然な英語」なんですね。

 

一方、自動詞(I)の場合は、

“She came.”

の後に、「~を」という目的語は要りません。多くの場合、補足情報として、to school, here, tomorrow… などにように、場所時間を表す言葉が続くことはあります。が、なくても文法上は問題ありません。

 

このように、辞書で「他動詞」「自動詞」を知ることによって、「この動詞は目的語をつけないといけないんだな」「目的語はいらないんだな」ということが判断できます。

 

【補足】

文法用語の話ですが……。

“I know him.” のような、他動詞でできている文の文型を、

 主語(Subject) + 動詞(Verb) + 目的語(Object)  →  SVO

“She came.” のような、自動詞でできている文の文型を、

 主語(Subject) + 動詞(Verb) →  SV

などのように、文法書には表記されることも多いです。

 

 

おおよその場合、動詞の意味から、他動詞?自動詞?は推測できるかもしれません。

しかし、必ずしも「意味が他動詞っぽいから」「意味が自動詞っぽいから」で判断すると、間違うことがあります。

 

良い例として、enjoy (楽しむ)という英単語があります。

私達はよく、「ピクニックどうだった?」「楽しかったよ!(楽しんだよ)」とか言いますよね。そこで、

“How was the picnic?”

“It was good! I enjoyed!

みたいに言いたくなるんですね。

でも、これは英語としては不自然です。辞書を引くとわかりますが、enjoy は「他動詞」なのです。

だから、

 

“I enjoyed something.”

 

必ずこの something が必要なのです。

だから、以下のように言うのが正解。

 

 I enjoyed the picnic.

○ I enjoyed it.

○ I enjoyed myself. = 楽しい時間を過ごした。楽しかった。

 

 

あるいは、listen(聴く)という単語はどうでしょうか?

日本語では、「~を聴く」と考えるのが普通ですよね。

でも、英語辞書を引くと、これは「自動詞」です。そのため、

 

“I’m listening.”

 

という文は、文法上正しいです。

そして、「音楽を聴いている」と言いたい時は、

 

× ”I’m listening music.”

 ”I’m listening to music.”

 

to が必要になります。

「なぜ、listen には to が必要なの?」……と考えても、意味がありません。英語では listen という動詞の使い方は、そのように決まっているのです。

 

つまり、動詞の意味を覚える時は、必ず「この動詞は他動詞(続けて目的語を付ける必要がある?)か、自動詞(目的語はいらない?)か」をセットで覚える必要があります。

 

実は、これが重要なポイント です。

 

目的語が2つ?SVOOとは

さらに、他動詞の中でもいくつかの動詞は、ちょっと複雑な使い方をします。

たとえば、give(あげる、与える)は、

 

“I’ll give my address.”

私のアドレスを渡します。

 

もOKだし、

 

“I’ll give you  my address.”

あなたに、私のアドレスを渡します。

 

という使い方もできます。このように、目的語が2つ続く形で、「~(あなた)に、~(私のアドレス)を、あげる(=渡す)」という意味になります。

また、同じ意味で、

 

“I’ll give my address to you.”

 

の形もOKです。

まとめると、

 

 give something

 give someone  something

○   give something to someone

人(someone)に、物(something)をあげる

 

give のような使い方をする動詞は、他に、

buy を買ってあげる
offer 物・事を提供する、差し出す
pay 代金を払う
read を読み聞かせる

 

などが有名です。

 

このような動詞は、辞書では、

 

【他動詞】かつ、

・SVO1O2/SVO2 to O1

・+目的語+目的語/目的語 to (代)名詞

 

などのように表示されています。

 

また、文法用語としては、

“I’ll give you  my address.” の文の文型を、

 

主語(Subject) + 動詞(Verb) + 目的語(Object1) + 目的語(Object2) 

→  SVOO

 

といいます。

 

まとめ

今回は、英語の文型が決まる要因として、動詞には2つの種類があることを紹介しました。

しかし、実は英語の動詞には、「自動詞」と「他動詞」両方の使い方をするものが数多くあります。

たとえば、stop という動詞は、

 

I stopped the music.

私は音楽を止めた(他動詞)。

 

The music stopped.

音楽が止まった(自動詞)。

 

の、どちらにも使います。

肝心なことは、日本語の意味で「自動詞か?他動詞か?」を考えないコト!

あくまで辞書でチェックしましょう。

そして動詞の意味を覚える時は、日本語訳だけでなく、「~を」にあたる目的語が続く他動詞か、それを必要としない自動詞か、までをセットで覚えるのがコツです。

 

カジュアルな話し言葉の英語では、基本の文法に当てはまらない使い方がされることもあります。主語が省略されたり、単語だけでも通じる部分もあります。あるいは文法が厳密でなくても伝わることも多いです。

しかしながら、きちんとした文法を知っておくことは、英文の読み書きにおいてはとても重要です。

また、よりナチュラルで相手に「わかりやすい」英語を話すためには、文法の基礎を知っておくことは必ず役に立ちます!

 

今回は、「動詞」に焦点を当てましたが、実際の英文には、普通の動詞とはちょっと違う「be 動詞」などが使われるパターンもあります。その場合の文型については、また別の記事でまとめていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました