英語で足し算・引き算・掛け算・割り算、言える?基本の算数用語と表現。

子どもの英語

日常生活の中で、意外に使うのが、「算数」や「数」に関すること。

特に私の場合、子ども達が学校で算数を勉強してくるので、その宿題を家で見ることもよくあります。

Year3(小学3年生にあたる)の息子がやっている内容は、基本的な「足し算・引き算・掛け算・割り算」が主なので、計算自体は難しいことはありません。

しかし、文章問題となると、英語の表現が一体何を表しているのか、いちいちわからない!

……と困ることが、よくありました。

算数って、意外と「算数・数学専門の単語や表現」ってものがあるんですね。だから、それが英語でわからないと、問題文が何を意味しているのか、わからないのです!

 

まあ、「3 たす 4 は……」とか、「9 かける 3 は……」といった言葉は、日常生活でも出てきます。数学の専門家でなくとも、算数の基本的な英単語は、知っておいて損はない!

というわけで、今回は、英語圏の小学生が学ぶ程度の「算数の英語表現」を紹介します。

数に関する基本的な英単語と、四則演算=「足す・引く・かける・割る」に関する言い方をまとめました。

対応する英単語だけでなく、言い表し方や、算数の問題文で出てくる基本的な表現も、例文として紹介しています。

スポンサーリンク

そもそも「算数」って英語で何て言う?

まず、「算数」のことは、英語で mathematics と言います。

日本の場合、小学校では「算数」、中学校以上になってより抽象的・学術的になったものを「数学」と、別々の言い方をします。

しかし、英語圏の場合は、「算数・数学」の勉強のことを、区別せずに mathematics と言います。

小学校でも、大学でも、mathematics です。

ちなみに、一般的な会話の場合は、math と省略して言うことが多いです。

 

また、足し算・引き算・掛け算・割り算といった「数字を使った計算」「四則演算」のことを、arithmetic と言います。学校のカリキュラムの説明などには、よく出てくる言葉です。

mathematics といえば、数(numbers)、図形(shapes)、量(quantities)の関係性を、記号やシンボル・証明を用いて説明する学問です。mathematics には、四則演算(arithmetic)、代数(algebra)、微積分(calculus)、幾何学(geometry)、三角法(trigonometry)が含まれます。

arithmetic は、mathematics の一分野、となります。

覚えておきたい!「数」を表す英単語

まず、算数の話をする時に欠かせないのが、「数字」「桁」「値」などの、数に関する基本的な英単語

英語で算数や数学に取り組む際には、こうした「数に関する英単語」を把握しておく必要があります。

以下は、オーストラリアで小学生の子ども達が使うレベルの英単語です。

英語で算数の問題を解く場合には、切っても切れない「基本の単語」なので、しっかり覚えてしまいましょう。

 英単語  意味
number 数・数字

※「アラビア数字」等と言う場合は、numeral と言う。(Arabic numerals など)

value 数字の持つ
digit 桁・数字

数の中の、各数字のこと。0-9。

place 桁・位

1の位= the Ones place

10の位= the Tens place

100の位= the Hundreds place

……という。

 

例)

たとえば、「5」「32」「127」という数字があった場合、

「5」

  • the name of the number = ‘ 5 ‘ (one-digit number)
  • the Ones place = digit 5
  • the value of this number = 5

「32」

  • the name of the number = ‘ 32 ‘ (two-digit number)
  • the Tens places = digit 3
  • the Ones place = digit 2
  • the value of the digit 3 = 30
  • the value of the digit 2 = 2
  • the value of this number = 32

「127」

  • the name of the number = ‘ 127 ‘ (three-digit number)
  • the Hundreds place = digit 1
  • the Tens place = digit 2
  • the Ones place = digit 7
  • the value of the digit 1 = 100
  • the value of the digit 2 = 20
  • the value of the digit 7 = 7
  • the value of this number = 127

と表します。

(ややこしくてすみません……。が、小学生1年生で学ぶ内容なので……。汗)

 

小学生の算数では、以下のような問題(問い)が出題されます。

例文)

Q: In the number 3,401 which digit is in the Tens place

A: 0

 

Q: What is the value of the digit 2 in this number: 329 

A: 20

 

ところで、「各桁(place)の値」のことを、place valueと言います。place value の表し方と発音が楽しく学べる、子ども向けの動画(歌)を、以下の過去記事で紹介しています。興味ある方はそちらもチェックしてみてください!

英語の数の数え方、数字の発音が楽しく学べるYouTubeの紹介。
英語で数字を読む時の「発音」や「読み方」を学びたい人へ、大人にも子どもにもおすすめのYouTubeを紹介します。英語圏の小学生が算数を学習時に利用している歌の動画。楽しく聞きながら、ネイティブ発音の「数字の読み方」「数の表し方」を知ることができます。

 

 

「足し算・引き算・掛け算・割り算」って英語でどう言う?

四則演算に対応する英単語は、以下の通りです。

まずこれらを覚えてしまいましょう。

日本語 英語
足し算 addition
引き算 subtraction
かけ算 multiplication
割り算 division

 

英語で足し算の言い方・表現は?

では、「●+▲=■」を言葉で説明する時や、「●と▲を足すと、■になる」のように説明したい時、英語ではどう言ったらよいでしょうか?

例として、

7 + 4 = 11

を英語の言葉で言う時は、主に以下のような言い方があります。

例文)

Seven plus four equals eleven.  

Seven and four is eleven.

(equals と is はどちらでも、同じ意味で使える)

 

 

また、以下のように説明することもできます。

When we add seven and four, we get eleven.

7 と 4 を足すと、11 になる。

 

足し算の文章問題としては、以下のような表現がよくあります。

例文)

What do you get if you add four and seven?

4 と 7 を足したらいくつになりますか?

 

If I add 4 to a number, I get eleven. What is this number?

ある数に4を足したら、11になる。この数は何?

 

4 is added to a number. The result is eleven. What is the number?

ある数に4が加えられます。答えは11です。その数とは何ですか?

 

 

また、足し算の合計のことは、sum と言います。

 

What is the sum of numbers from 1 to 9?

1 から 9 の数字をすべて足した合計は何ですか?

 

英語で引き算の言い方・表現は?

では、同じように、引き算を英語で表現する時は、どのような言い方があるでしょうか?

例えば、以下の式の場合、

9 – 5 = 4

次のように読みます。

例文)

Nine minus five equals four.

Nine take away five is four.

Five from nine is four. ※数字の順番が逆になるので注意!

また、以下のように、文で表現することもあります。

例文)

When we subtract 5 from 9, we get 4.

When you take 5 away from 9, you get 4.

9から5を引くと、4になる。

subtract は、「~から(数を)引く」という意味の動詞です。

 

また、引き算で得られる答えのことを、difference と言います。英語で言う場合は、

difference between A and B

という表現をセットで覚えるとよいです。

 

The difference between 9 and 5 is 4.

9と5の差は4である。

英語でかけ算の言い方・表現は?

今度は、かけ算の場合の英語表現です。

例えば、以下の式を読む場合は、

3 × 5 = 15

以下のように英語で言い表します。

例文)

Three times five equals fifteen.

Three multiplied by five equals fifteen.

 

times というのは、「~倍」「~倍にする」という意味です。“3 times 5” という言い方は、小学生のかけ算の説明などによく出てきます。

一方、multiply は、「(数を)かける」という意味の動詞です。“3 multiplied by 5” は、より数学らしい表現です。

 

また、かけ算の結果・積は、product と言います。そして、かけ算に使われるそれぞれの数のことを、factor と言います。たとえば、上にも挙げた「3 × 5 = 15」の場合では、

3 & 5 = factor

15 = product

です。

 

掛け算を英文で言い表す場合や、英語の文章問題などでは、以下のような表現がよく使われます。

例文)

When you multiply three by five, you get fifteen.

3に5を掛けると、答えは15になる。

 

When you multiply a number by 5, the result is 15. What is the number?

ある数に5を掛けると、答えは15になる。その数は何ですか?

 

What is the product of three and five?

3と5を掛けた積は何ですか?

英語で割り算の言い方・表現は?

最後に、割り算の英語表現についてまとめます。

以下の式を英語で言う場合は、

12 ÷ 2 = 6

次のように言います。

Twelve divided by two equals six.

divide は、「(数を)割る」という意味の動詞です。

 

割り算の答え・商のことを quotient(発音注意!)と言います。

また、割り算の場合、他のケースと違うのは、「割り切れない場合がある」ということです。その場合の割り算の「余り」のことを、remainder と言います。

 

例)

7 ÷ 2 = 3 R 1 

(余りは R または r で表される)

7 divided by 2 equals 3 with a remainder of 1.

 

また、割り算は分数(fraction)を用いて、以下のように表すこともできます。

例)

7 ÷ 2 = 3 1/2

7 divided by 2 equals 3 and a half.

 

ちなみに、分数の読み方は、

 

分子 ~ 普通の数字の読み方(one, two, three, four…)

分母 ~ ●番目、という読み方(first, second, third, fourth…) + (s)

※s は、分子が2以上の場合につく

で、分子→分母でつなげて読む。

 

例)

1/3 : a third または one third

2/5 : two fifths

7/11 : seven elevenths

12の4分の1 : a fourth of twelve

 

※  以下は特別な言い方をします。

1/2 : a half または one half

1/4 : a quarter または one quarter

 

割り算の英語表現の例を挙げます。

例文)

When you divide 12 by 2, what you get?

12を2で割ったら、答えはいくつ?

 

The quotient of a number N and 9 is N/9.

Nを9で割った商は、N/9 である。

 

その他の算数の英単語

その他、算数に関する基本的な文章を理解するために必要な、算数の英単語をまとめます。

日本語 英語
整数 integer

または、

whole number

分数 fraction
少数 decimal
小数点 decimal point
奇数 odd number
偶数 even number
プラスの(数) positive

例)

positive ten = (+)10

positive numbers = 正の数

マイナスの(数) negative

例)

negative twenty = -20

negative numbers = 負の数

formula
四捨五入

切り捨て・切り上げ

rounding

 

 

まとめ

今回は、四則演算を中心に、「小学生で習うレベルの算数」の英語の知識をまとめました。

誰でもできる、簡単な計算……と思っても、意外と英語で取り組むとなったら、知らない単語や表現がたくさんあるのではないでしょうか?

私自身は、ここまで覚えるのにもずいぶん苦労しました(笑)。

 

けれど、計算はやっぱり日常生活でもよく使う、身近なもの。

英会話の知識の一部として、覚えておくと、必ず役に立つはずです!

計算の表現は、英語でもいくつか言い方のバリエーションがあるので、この記事の中ではできるだけ色々な表現を載せるようにしました。英会話に取り入れる際には、まずは自分が言いやすいパターンを一つ覚えて、少しずつバリエーションを増やしていくといいのかな、と思います。

一方、科学系の英文や本、ニュース記事では、サラッとこうした計算の表現が出てくることもあるかと思います。頭の片隅に入れておくと、読解力もUPするのではないでしょうか?

また、図形に関しては、以下の過去記事でまとめたので、よかったらお読みください。

意外と知らない?英語で基本的な図形の名称と表現を覚えよう!
円・四角・筒型・立方体・球…。パッと英語で言えますか?日常会話レベルの英語といっても、意外と多くの単語が使われます。この記事では、小学校低学年レベルの、基礎的な図形の名称を表す英単語と、関連する表現・例文を、まとめて紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました