英語の数の数え方、数字の発音が楽しく学べるYouTubeの紹介。

実は私、数字がとっっっっても、苦手なんです……(苦笑)。

日本語でも苦手なので、英語だともっと苦手です。

でも、数字って、何をやるにしても必ず必要ですよね。

簡単な買い物でさえも、値段を言ったり、商品の数を数えたり。

おそらく読者のみなさんは、ある程度英語での数字の書き方、読み方はわかると思いますが、正しい発音で言えますか?

あるいは、数字そのものの英語の言い方はわかっていても、いざネイティブ発音で言われると、自分が頭の中で(勝手に)思っていた発音と違っていて、聞き取れないことも多いです。

私はそのパターンで苦しみました……。

というわけで、せめて2ケタまでの数字は、ちゃんとした英語発音を聞き取ったり、すんなり言えたりできるようになりたいです。

ちなみに、オーストラリアの幼稚園~小学校にかけて、算数の初歩として「数を数える」ことを結構じっくりとやるようです。

それも、子ども達が楽しく数を覚えられるよう、ネット上には教育に適した「数の数え方を歌にしたYouTube」が、それはたくさんあるんです!

学校では、先生がよさそうな動画を選んで、教室で子ども達に見せているようです。

これは、日本の子ども達大人達の英語学習にも、きっと役立つだろう!と思いました。

そこで今回は、そんな「英語の数の数え方」にまつわる歌のYouTubeを紹介したいと思います。

英語の勉強も、たまには肩の力を抜いてゆるーく楽しむことは、大切!

ちょうど日本では夏休みだと思いますので、お子さん達と歌いながら楽しむにも、最適だと思います。

スポンサーリンク

100までの数字と大きい桁

まず、基本中の基本として、0から100までの数字を英語で正しく発音してみましょう!

ちなみに、「0から100までの数を一つずつ数える」は、英語で

count all the way from 1 to 100.

と言います。

これは、0から100までの数字の数え方と、大きい桁の言い方を歌ったYouTube。


The Big Numbers Song|KidsTV123(YouTubeへのリンク)

0から100までのカウントを、ひたすら数えて行きます。

でも、丁寧な発音とゆっくりめの音楽、繰り返しのメロディで、数字の発音の練習をするには最適だと思います。

画面には、数字と英語のつづりが表示されるので、見ながら聞くととてもわかりやすい。

また、100 の後は、大きな数字の桁の言い方が出てきます。

百、千、万、十万、百万、千万、一億、十億、百億、千億…… 一兆!

って、なんて言うか知ってますか?

答えは、歌の中に出てきますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

頭ではわかっていても、歌に合わせてすんなり発音するのは、慣れるまで意外と難しいと思いませんか?

何度も歌いながら練習すると効果的!

スキップカウント(Skip Counting)

日本ではあまりこういうのってやらないと思うんですが、こちらの小学校では、「2の倍数の数だけを数える」「5の倍数の数だけを数える」など、数を等間隔で数える練習も繰り返し習います。

このような「一定の数を飛ばして数えること」を、学校ではよく skip counting と言います。

そして、例えば「2(の倍数)ごとに数える」「10(の倍数)ごとに数える」ことを英語では、

count by 2s

count by 10s

のように言います。

たとえば、“Let’s count by 2s !” と言われたら、2,4,6,8,10,12… というように数えていきます。

こうした数え方も、日本語だとスラスラ言えるけど、英語でやってみると意外と難しいものではないでしょうか?

たとえば、Counting by 5s を楽しく練習できる、YouTube。

The Counting by Fives Song ♫♪♫ | Scratch Garden(YouTubeへのリンク)

5つおきにカウントする部分は、結構ゆっくりなので、歌に合わせて一緒にカウントしてみましょう。

映像も面白いし、音楽もノリがよいので、なんとなく見るだけでも楽しめそう。

また、counting by 2s, 5s & 10s の3パターンを一気にやっちゃう、こちらのYouTubeもおすすめ。

Counting Robot (counting by 2s, 5s, & 10s for kids)|Harry Kindergarten Music

ロボットっぽい声とテクノ系ミュージックで、思わず体が踊っちゃう!?

子どもは好きですね(笑)。

このような「数を数える」学習は、やっぱりリズムよくやった方が、覚えやすい気がします。

掛け算九九

日本の小学生の算数で、必ず覚えさせられるのが、かけ算の九九

英語でもあるんですね、やっぱり。

こちらでは、1~12までの数が使われ、各数字の組み合わせごとに、かけ算の結果を示す表が使われます。このかけ算の表を、英語では times table または multiplication table と言います。

そして、たとえば日本語では、「2の段(2×●)」「7の段(7×●)」等と言いますが、英語では 2 times table, 7 times table と言います。

最終的には、かけ算を全て覚えなければなりません。

日本語では、たとえば「4の段」なら、「しいちがし、しにがはち、しさんじゅうに……」と言いながら覚えていきますよね。

英語だとどうするのか、というと……。たとえば 以下の動画は、Multiplying by 4 (4のかけ算)の歌です。

The 4 Times Table Song (Multiplying by 4) | Silly School Songs(YouTubeへのリンク)

こんなふうに覚えていくんですね!

ネット上には、このように「英語のかけ算九九(実際には12×12だけど)をリズムに乗せて歌った歌が、たーーーくさんあります!

興味があったら、他の数字の times table の歌も、探してみてください。(YouTubeのリンクへ行くと、関連動画が出てくると思います)

今どきっぽいラップ調のものから、オーソドックスなものまで、色んな動画がみつかります。

英語圏の子ども達に times table を覚えさせようと、教育関係者は色々と知恵を絞っているんだな~と思いました(笑)。

桁の名前

ところで、数字には、1、10、100、1000……、って、がありますよね。

『桁』って英語で何て言うかわかりますか?

…… place です。

そして、「桁の値」のことを、英語では place value と言います。

同じ数字(たとえば1)でも、どの桁にあるか?によって、数(値)は変わります。(1桁目なら1、2桁目なら10、3桁目なら100…)

このように、「桁」と「数」の「関係性」を学ぶことを、こちらでは place value を学ぶ、と言うようです。

子ども達が、place value を理解できるよう、わかりやすく歌にしたYouTubeがあります。

Place Value Song For Kids | Ones, Tens, and Hundreds | NUMBEROCK Math Songs(YouTubeへのリンク)

1,2,3,4… という数の数え方tens, hundreds, thousands…の発音が学べるのはもちろんのこと、

Ten ones make ten.

Ten groups of ten are one hundred.

Ten hundreds make one thousand;

the pattern never ends.

「1が10個集まって10。10が10個集まって100。100が10個集まって1000……。」

というように、「桁のしくみ」を説明する時の英語表現を知ることもできます。

(歌詞は、YouTubeへのリンク先で「もっと見る」をクリックするとあります)

日本人にとってちょっと慣れないのが、“ten ones” とか、“ten tens” とかいう表現だと思います。「1が10こ(10この1)」「10が10こ(10この10)」というのを、英語ではこういうふうに表現するんですね。

ちょっとリラックス系の音楽で、見ていてなんだかほのぼのするYouTubeです。

歌詞はちょっとしたストーリー仕立てになっており、数字に限らず英語全般の練習にもなると思います。

うちの息子は、なぜかこの歌がとても気に入っています。

繰り返し聞いていけば、thousand くらいまでは頭に入ってくるようになる……かも?

1~10のスペリング

おそらく日本の大人の人なら、1~10までの数字を正しいスペルで書くことはできると思いますが……。

単純に見て楽しいので(笑)、数字のスペリングを覚えるためのYouTubeを紹介します。

The Spelling the Numbers Song ♫♪♫ | Scratch Garden(YouTubeへのリンク)

息子の学校の算数の先生が見せてくれたらしいのですが、息子はこれが大好き(笑)。

英文の中で数字を書く場合、もちろんそのまま数字を書いてもOKですが、特に一けたの数の場合は、つづりで書く場合も多いので、正確なスペルを覚えておくとよいですね。

あと、小中学生が数字のスペルを覚えるきっかけとして、この動画は楽しめるのでは。

ぜーんぜん数字と関係ないけど、『サンショウウオ』『両生類』英語の言い方まで覚えられちゃうという(笑)。

お勉強系の動画でも、こういうユーモアがあるっていいですね~。楽しくてついつい見ちゃううちに、自然と単語やスペルを覚えている、って、ある意味理想的かもしれません。

まとめ

今回は、数字に関する「子ども向けの歌のYouTube」を紹介しました。

どれも、なんとなく聞いているだけでも、英語の数字の言い方・発音に「慣れる」ことができると思います。

字幕を出して、歌詞をしっかり確認しながら練習するのは、もっとおすすめです。

YouTubeの字幕の出し方は、以下の過去記事をご覧ください。

英語のリスニング練習に!大人におススメの無料動画と英語字幕の出し方
前回、英語を「聞く練習」として、YouTubeなどインターネットの無料動画を活用すべし!ということと、どんな種類の動画を見たらよいのか?ということについて、触れました。 ...

数字は世界共通。でも、言葉にした時の言い方・書き方は、言語によって異なります。

日本の学校では、英語の数の書き方は結構しっかり習うと思うのですが、「言い方」「発音」を学ぶ機会が、あまりないのでは、と思います。しかし、英語で会話する際には、そうした「音声での表現」も学んでおくことはとても大切です。

今回紹介したYouTubeは、学校で英語を学習中のお子さん達も、楽しく視聴できると思うし、役に立つと思います。

もちろん、「改めて数字の英語発音をしっかり身につけたい!」という大人の方々も、繰り返し練習の素材として利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする