電子辞書は大人の英語学習の必需品!カシオ・エクスワードのレビュー

私は3年半前、40代で英語圏にやってきて、初めて本格的に「英語を使って生活する」ようになりました。今でも、自分で英語を勉強中です。

英語を学ぶ目的は人によりさまざまだと思いますが、特に大人が「使う」ための英語を学ぶ場合は、あれこれとまんべんないスキルアップを目指すより、自分に身近な分野の英語を覚えていくことを、優先すべきだと感じています。万人向けの高い教材を買うよりも、ネットを活用し、自分につながりのある分野の英語に触れる機会を増やす方が、ずっと有効なんじゃないかなぁ~、と思います。

だから私自身は、一般的な「1日〇〇分で英語ができるようになる!」などの英語教材をおススメするつもりはありません(笑)。自分自身、買わないし(爆)。

それでも、英語を学ぶ際、やはり手元にあるととても良い、と思うものは、数少ないけれどあります。

その一つが、「電子辞書」

私は、オーストラリアにやって来る直前に、自分用の電子辞書を買いました。

それがいまだに毎日毎日、すっごく役に立っています!

使わない日はありません。

なぜ英語の勉強に「電子辞書」が必要なの?ということと、私自身が使っている電子辞書・カシオのエクスワード(EX-word)の機能を説明したいと思います。

スポンサーリンク

英語学習に電子辞書をおすすめする理由

今は、スマホで使える「英語辞書アプリ」のようなものが色々とありますし、ネット上で使えるオンライン辞書もあります。

それで十分では?という考え方もあるでしょう。

でも、これはあくまで私自身の意見ですが、やっぱり電子辞書はあるととても便利です。

たとえば、海外に旅行や長期滞在で行く時、場合によってはネットが使えない場所、携帯がつながらない場所、、、もあるでしょう。日本ではどこでもすぐにネットや携帯がつながりますが、海外はそう整っている場所ばかりではありません。

そんな時、オンライン辞書は使えません。

また、スマホは使う頻度が高いので、でかけ先で充電が切れてしまうこともあります。

また、たとえばツイッターなど、スマホのSNSアプリで英文を読む時もあると思います。調べたい単語が出てきた時、わざわざ読みかけの記事を閉じて、スマホの英語辞書アプリを立ち上げて意味を確認し、また元の記事に戻って・・・というのも、実はかなり煩わしいものです。
そんな時は、手元に電子辞書があると、すばやく調べることができ、本当に便利なのです。

「単語がわからない!」と思った時に、すぐに調べられる。。。これは英語学習において、結構大切なことなんじゃないでしょうか?

高価な教材を買うよりも、知りたい単語をすぐに調べられることの方が、ずっと力がつくと思います。

電子辞書は、電源の入りもとても速いし、動作も軽いので、そういう面でもスマホやネットで調べるより、負担感は少ないです。

でも、電子辞書を使ったことがない人にとって、

「ウン万円も出して買う価値があるのだろうか?」

と疑問に思うかもしれません。なかなか手が出せないわ~、とためらっている人もいるでしょう。。。

そんな方のために!

私自身が使っている電子辞書では何ができるのか?

を、「英語を学ぶ」という点にしぼって、紹介しようと思います。

私の電子辞書は、カシオ エクスワード(Ex-Word)

私が持っている電子辞書は、コレ。

カシオ エクスワード(CASIO EX-word) XD-N8500 DATAPLUS7 シリーズ。

子どもにシールとか貼られちゃってますが(笑)。

これは4年近く前に買ったものですが、現在はもうこのモデルは販売されていないよう。。。まあ、当たり前ですね。

今出回っているものは、さらに高性能で、バリエーションも豊富みたいですね。

そのため、最新モデルとは若干、使い方も異なるかと思います・・・が、基本的な性能は共通なんじゃないかなぁ、ということで。

ちなみに、この電子辞書に入っている英語系の辞書は、

「ジーニアス英和・和英辞典」「オックスフォード現代英英辞典」「200万語専門用語英和・和英大辞典」「経済ビジネス 英語表現辞典」「英語類語辞典」です。

英単語を調べる

英単語を調べる時は、2通りあります。

◆「英和辞書」を使う

「英和」ボタンを押し、調べたい英単語を入力します。

たとえば、orbit という単語を調べたい時は、【見出し語検索】のところに orbit と入力するだけ。

「英和辞書」のデフォルトは、「ジーニアス英和辞典」になっています。
機種によって若干異なるかもしれません。

他の辞書を検索したい時は、「メニュー」ボタンから、辞書を選んで調べることができます。

◆複数の辞書を一気に検索

私のバージョンのエクスワードは、「複数辞書検索」というボタンがあります。

この機能は、現在のエクスワードでは「ホーム」ボタンで使えるようです。

【アルファベット】を選んで、たとえば orbit と英単語を入力すると、この電子辞書内のすべての辞書を検索し、ヒットした項目をリストで表示してくれます。

そこから、参照したい項目を選ぶと、内容が見られます。

これはたとえば、「英和辞典で意味を調べ、さらに英英辞典の解説も見たい。」という時には、パッと見比べることができるので、本当に便利です。

例文を見る

英単語を調べる時、やっぱり例文を知りたいですよね。

例文は、右端の [用例] ボタンを押すと表示されます。

また、「例文検索」もできます。

辞書の「英和辞書」検索、または複数の辞書検索、どちらでも使える機能です。

[例文検索]のところに、英単語を入力すると、その単語を含む例文がすべて検索されます。

たとえばorbit と入力した場合、orbitの項にある例文だけでなく、astronaut の単語のところにある例文も見ることができます。

特に、複数辞書検索を使えば、電子辞書内のすべての関連する例文が、ワンタッチで調べられます。

成句(2つ以上の単語の連結)を調べる

複数の単語がつながった言葉も、簡単に調べられます。

辞書の単独検索でも、複数の辞書検索でも可能です。

[成句検索] のところに、調べたい言葉を入力します。たとえば、’ pass out ‘という言葉を調べたい時は、

[ pass&out ]

のように、スペースの部分をで入力します。

入力した単語を含む成句の候補が表示されるので、該当するものを選んで「決定」ボタンを押すと、内容が表示されます。

ジャンプ機能で関連ページを見る

時々辞書では、調べた単語の記述の中に、「関連する単語」というのがありますよね。

電子辞書ならば、ワンタッチでその関連単語に移動することもできます。

画面右側にある「ジャンプ」ボタンをタッチすると、「ジャンプモード」になるので、付属のタッチペンで(または指でもOK)関連する単語に直接触れると、その単語のページにジャンプします。

たとえば、cosmos のページに移動します。

cosmosは、2種類の意味があるので、自分が見たい方のcosmosを選択します。

さらに、(図「cosmos」)の [解説] にジャンプしてみると・・・

こんなふうに、図を見ながら関連ワードを知ることもできます。

発音やアクセントを音声で確認する

電子辞書の大きなメリットが、単語の発音を実際に聞けるところです!

これは、紙の辞書ではありえない、すごく重要な機能だと思います。

知りたい英単語を検索した状態で、画面右側の「音声」ボタンを押すと、ハイライトされている単語の発音を聞くことができます。

アクセントもしっかり確認できるため、「英語を話す」ためには欠かせない機能。

発音の早さは変えることができるので、ゆっくりめに確認したい、ということも可能です。

その他便利機能

もちろん「和英辞典」の機能も使えますので、日本語→英語 を調べることもできます。

英語辞典だけでなく、

「広辞苑」「明鏡国語辞典」などの国語辞典。

「ブリタニカ国際大百科事典」などの百科事典。

その他、ためになる知識集がいっぱい入っています。その辺は好みで使いこなしてください。

英語辞書の機能だけを取り上げても、分厚くて重い辞書を数冊身近に置くことを考えると、それらがすべてカバンに入れて簡単に持ち歩け、しかも検索も一瞬ででき、音声も聞くことができるのだから、電子辞書は本当にすぐれていると思います。

また、意外にも、百科事典が使えます。世界の国や都市や遺跡などの英語名を知ることができる!

意外とそういう一般知識も、「海外の人とコミュニケーションするための英語」を学ぶ時には、大切なんです。

今買うなら、おすすめモデルは?

というわけで、現在Amazonで買えるモデルであれば、「大人が英語を学ぶ」という観点で最もいいかなーと思うのが、これです。カラーは黒と白。(Amazonへのリンクになっています)


カシオ 電子辞書 エクスワード 実践英語モデル XD-Y9800BK ブラック コンテンツ170


カシオ 電子辞書 エクスワード 実践英語モデル XD-Y9800WE ホワイト コンテンツ170

同じものを楽天でお探しの場合は、こちら。
(楽天へのリンクになっています)


CASIO 電子辞書「エクスワード(EX−word)」(英語重視モデル、170コンテンツ収録) XD‐Y9800BK (ブラック)(送料無料)


CASIO 電子辞書「エクスワード(EX−word)」(英語重視モデル、170コンテンツ収録) XD‐Y9800WE (ホワイト)(送料無料)

実際、もうちょっと低価格で、「生活・教養モデル XD-Y6500BK」などもあるんですが、「英英辞典」が入っていないので、私的にはおススメできないかな・・・。

「英語学習」という面で考えるなら、長い目で見ると英英辞典は絶対欲しいです。

他の電子辞書を買う時も、この点は考慮した方がいいと思いますね。

まとめ

ちなみに我が家では、ハイスクールに通っている娘は、夫の電子辞書(違う機種ですが)を学校に持って行っています。

また7歳の息子は、本を読みながら私の電子辞書でわからない単語を調べています。
いつも息子と私で、電子辞書の取り合いになっています・・・(苦笑)。

使い方を教えていないのに、子どもでも操作方法がわかるということは、直感的に使いやすい機能性なのだろうと思います。

大人の方であれば、いずれお子さんも英語を勉強するようになるし、一家に一つはあって損はないと思います。特に海外移住や、長期滞在を計画している方は、渡航前に購入した方が絶対いいです。おすすめです。

難点は、電池の消耗が早いです。

充電式の電池(eneloopなど)を使うか、可能な時はUSBからの電源供給(充電機能はなし)で使うことをおススメします。

スポンサーリンク

フォローする