接続詞

文法を学ぶ

英語で「~も(また)」の表現色々。否定文は?文頭での使い方は?

会話に欠かせない「~もまた」という言葉。英語ではどう言う?基本のtoo, as well. also の使い方を徹底解説。また、「~もまた…でない」という否定形の言い方は?文頭において、「また、」「さらに、」と始める言い方は?論文等の文章に使える英語表現は?例文を用いて紹介。
英語での言い方

「だから/なので」を英語で表現するには?会話から論文まで

英語で「~だから、…だ。」「~なので、…です。」の言い方は?初心者も覚えるべき基本の接続詞、論文やエッセイによく使われるバリエーション、「だから」「それなので」と文頭で始める表現、などなど、「理由や原因から結果や結論を導く」英語表現をまとめました。
英語での言い方

英語のエッセイ、論文に!「しかしながら」「一方で」接続詞バリエ。

英語のエッセイ、論文、手紙、メールなどを書く時、「~だが、」「~がしかし、」「~の一方で」「~とは逆に」と文をつなぎたい時使える接続詞や表現は?but, however, although, whereas, while, on the other hand の使い方を、実際の英語記事の例文と共に詳しく解説。
文法を学ぶ

英語で「もし~ならば」正しく言える?if の4つの使い方。

「もし~なら、~だろう」という表現。日常会話でもよく使います。英語の場合、if という接続詞を使って表現しますが、意外と混乱しやすい if 文の文法。この記事では、現在~未来、過去形、過去完了形、現在形の4つのパターンについて、文型と意味を整理し、豊富な例文とともに使い方を説明しています。
文法を学ぶ

「~だけど/なのに、~だ。」と英語で言いたい!表現方法と例文。

英語で「~だけど」「~なのに」ってどういえばいい?but, even though, although などの接続詞を使って表す表現、in spite of と despite を使った言い方、though を文末に付ける使い方を、例文とともに説明します。
文法を学ぶ

英語ネイティブが話す時、becauseはどう使う?基本の使い方。

学校の英語の授業でも習うbecause。文法書の説明を読むと難しく感じるかもしれませんが、ネイティブの日常会話の中では非常に気軽に、そしてよく使われます。ネイティブ英語の中ではbecauseはどんなかんじで使われるのか?雰囲気と使いこなすコツを紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました