学校の英語教育

子どもの英語

受験英語は英会話には役に立たない?何が問題点なのか。

高校受験・大学受験と、受験勉強で難しい英語をたくさん学習してきた。単語や文法をたくさん覚えた。なのに英語が話せない!それはなぜ?どうすれば英語が使いこなせるようになる?私自身が40代で英語圏に来て「話せる英語」を日々学ぶ中で、その理由を考えました。
子どもの英語

小学校3年生から英語の授業が始まる!学習指導要領改訂案に思う事。

先週、学習指導要領の改訂案が発表されました。2020年には、小3から英語の勉強が始まり、小5では読み書きも習うことになります。それは本当に日本人の英語力UPにつながるのか?問題点は?を考えてみます。
文法を学ぶ

英語ネイティブもよく使う関係代名詞!【目的格】の使い方と例文。

英語学習でつまづきやすい文法「関係代名詞」。【目的格】について説明します。どんなことを説明するために関係代名詞が使われるのか?使い方のルールは?…豊富な例文と、わかりやすい使い方を解説します。
国による英語の違い

知ってた?学校では教えてくれない、アメリカ英語とイギリス英語の話。

世界で使われる英語には、大きく『イギリス英語』と『アメリカ英語』があります。海外で英語に触れて、日本で習った英語と違う、と思ったら、こんな原因もあるかもしれません。
文法を学ぶ

英語を話せるようになるために、文法の勉強は必要?それはなぜか。

英語を話せるようになるためには、文法の勉強はやっぱり必要なんです。それはなぜ?そしてまた、学校で文法を学んでいるのに、なぜ学校の教え方では英語が話せるようにならないのか?というところを、私自身が英語圏でネイティブ英語に触れた経験をもとに、分析します。
子どもの英語

日本の学校の英語教育は意味がない?何がいけないのか。

日本の学校で英語を勉強するのに、なぜ話せるようにならないのか・・・ということについて、海外で英語に触れる中で私が感じたこと。
英語を話す

勉強しても英語を話せるようにならない?英語そのものより大切なものは。

英語を勉強する人に伝えたいコト。「英語が話せるようになりたい」と考えるのは、なぜ?なんのために?そこをハッキリさせることが、適切な英語の勉強法をみつけることにつながります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました