英語ネイティブもよく使う関係代名詞!【目的格】の使い方と例文。

文法を学ぶ

学校で英語を勉強するうちに、英語がキライになってしまう理由の一つは、「文法が難しすぎてわからない」ではないでしょうか?

その中でも、特にニガテなのが「関係代名詞」!という人も多いかと思います。

関係代名詞を学ぶのは、確か中学3年生だったと思いますが、高校受験に出ると思うと、ますます難しく感じてしまう・・・ああイヤだ(汗)。

よくわかります(笑)。

でも、実際に「話す英語」に触れた時、関係代名詞は本当によく使われています。

しかも、ナチュラルに・・・。

だからやっぱり、英語を話すには、関係代名詞をマスターすることは大切だ、と私自身は感じています。

 

そんなわけで、前回の投稿では「関係代名詞」について書きました。

その中でも、「主格」の関係代名詞について、感覚的にわかりやすいよう、できるだけ日常会話で使われそうな例文をたくさん載せながら、説明しました。

https://hanasu-eigo.com/2017/02/05/576/
今回は、もうひとつ重要な、「目的格の関係代名詞」について書こうと思います。

こちらも非常によく使われますが、感覚的に覚えてしまえるとラクになると思います。

大切なのは、慣れ!

できるだけわかりやすい解説を心がけて書いてみます。

 

スポンサーリンク

「(誰かが)~するモノ」と言う時(目的格)

たとえば、「DVDを見ようよ。」と言いたい時は、

“Let’s watch the DVD.”

となります。

どんなDVD?

たとえば、「ドキュメンタリーのDVD」なら?「 日本のDVD」なら?

“Let’s watch the documentary DVD.”

“Let’s watch the Japanese DVD.”

って言えるでしょう。

 

では、(私が)図書館で借りてきたDVDを見ようよ。」は?

 

「(私が)図書館で借りてきた」は、形容詞じゃない長いので、「DVD」の前にポンと入れることはできません。

言いたいことは、

“Let’s watch the DVD — I borrowed it (= that DVD) from the library.”

ということです。

 

これを一つの文で言う時は、

“the DVD +  (that/which)  + 【 主語 + 動詞 + 目的語 】

という形にします。つまり、以下のような文になります。

 

“Let’s watch the DVD (that) I borrowed from the library.”

“Let’s watch the DVD (which) I borrowed from the library.”

× “Let’s watch the DVD (that) I borrowed it from the library.”

 

 

たとえば上の例だと、DVDは物です。

「私が~するモノ」「あなたが~したモノ」など、について言う時は、that または which を使いますが、省略も可能です。会話の中では、省略されることが多いようです。

 

“Is there anything (that) I can do ?”

何か私にできることはありますか?

( anything ← I can do it )

 

“There are a few things (that) you need to know before you go to Australia.

あなたがオーストラリアへ行く前に知っておくべきことが2,3ある。

( a few things ← You need to know them )

 

“I know something (that) you don’t know.”

あなたが知らないあることを、私は知ってるよ。

( something ← you don’t know  it )

 

17 books (that) everyone should read, according to Bill Gates”

ビルゲイツによる、すべての人が読むべき17冊の本

( 17 books ← everyone should read  them )

 

“There are many other things you can do.”

他にもあなたにできることはたくさんある。

( many other things ← you can do them )

 

「(誰かが)~する人」と言う時(目的格)

また、「人」に対して言う時は、who または that を使うか、あるいは省略可能です。
たいていの場合は省略されることが多いようです。

 

たとえば、「その部屋には誰かいた?」と聞きたい時は、

“Was there anyone in the room?”

となりますね。

が、「その部屋には、私の知っている人は誰かいた?」と聞きたい時は、

anyone ← I know him/her(= someone)

ということを表す必要があります。

 

そのため、関係代名詞を使って、以下のように言います。

 

 “Was there anyone (who) I know in the room?”

 “Was there anyone (that) I know in the room?”

× “Was there anyone (who/that) I know him/her in the room?”

 

このような表現をしている英語の例文を以下にあげます。

 

“He is the kind of person (that) I really hate.”

彼は、私がホントに嫌いなタイプの人間なのよ。

( the kind of person ← I really hate that kind of person)

 

Everyone (who) you love will die.”

アナタが愛する人はみな、(いつか)死ぬ時が来るね。(絵本のタイトル)

( Everyone ← you love them )

 

“Who is the funniest person you know?”

あなたの知り合い(知っている人)で、最もおもしろい人は誰ですか?

( the funniest person ← you know him/her)

 

前置詞に注意

これまでに「物」と「人」の場合について説明しましたが、どちらにも共通の注意点があります。

たとえば、家の中を掃除していたらカギをみつけて、「これ、あなたが探していたカギ?」と家族に聞こうと思ったら・・・

Is this the key? = これはカギ?

The key ← you were looking for it = (そのカギを)あなたは探していた

という意味なので、関係代名詞を使ってこう聞きます。

 

 “Is this the key you were looking for?”

× “Is this the key you were looking ___ ?”

この時、「~を探す」は “look for ~” なので、for を忘れないようにします。

動詞の中には、「動詞 + 前置詞(in, at, with など) + 目的語」となるものがあります。前置詞が必要なものについては、前置詞を忘れないようにしましょう。

 

このようなタイプの例文をいくつか紹介します。

 

“Is that the man (who) Emmy is going out with?”

あの男の人が、エイミーと付き合っている人?

( the man ← Emmy is going out with him )

 

“That’s the only problem I’m worried about.”

それが、私が心配しているただ一つの問題です。

( the problem ← I’m worried about it )

 

Everyone you meet is fighting a battle you know nothing about.”

あなたが出会う誰もが、あなたのまったく知らない戦いを闘っている。(格言)

( Everyone ← you meet him/her )

( a battle ← you know nothing about the battle )

 

ところで、what の使い方は?

関係代名詞で、時々what が出てくる時もあります。

what = the thing(s) that … という意味です。

と書いても「?」だと思うので、例文を上げます。

 

“You can do what you want to do. You can be what you want to be.”

あなたはやりたいことができるし、なりたいものになれる。

( whatthe thing you want to do )

( whatthe thing you want to be )

 

“Did you hear what they said?”

彼らの言ってたこと聞いた?

( whatthe thing they said )

 

“This is what I’ve been waiting for.

これが、私がずっと待ち続けているものだ。

( what ← the thing I’ve been waiting for )

 

念のため、

× “This is something what I’ve been waiting for.”

とは言えません。

 

この形は、意外とよく使われる表現なので、覚えておくと役立つでしょう。

なぜ関係代名詞が難しいと感じてしまうのか。

なぜ、学校の授業で学ぶ「関係代名詞」は、難しいと感じてしまうのかな~、と考えて、私なりに思ったことがあります。

 

たとえば、ネットに上がっている中学生用の問題・解説で、

He has a dog. I saw it yesterday morning in the park.

2つの文を関係代名詞を使って一つにする。

→ “He has a dog which I saw yesterday morning in the park.”

というようなものがありました。

日本語だとどういう意味になるんでしょうか?

“a dog (which) I saw …” というのは、『世の中にたくさんいるdogの中でも【私が昨日見た】dog』ということです。

「彼は雑種を飼っている」「彼は体重が50kgある犬を飼っている」「彼は生まれて5ヶ月の犬を飼っている」・・・ならわかるんですが、

「彼は私が昨日見た犬を飼っている」?

どちらかといえば、「彼は犬を飼っていて、その犬を私は昨日公園で見た。」ではないでしょうか?

最初の文はナチュラルに聞こえるけど、関係代名詞でくっつけると、違和感を感じてしまうのですが・・・

 

関係代名詞は、ただ単に2つの文を一つにくっつけるわけではありません。そこには関係性があります。

どんなことを表現するために関係代名詞を使うのか?を理解せず、ただ「二つの文を一つにつなげる」とだけ覚えてしまい、ルールを頭に叩き込んでも、不自然な英文ができあがってしまう原因になるのでは・・・。そう、文法重視の学校のテストでは、このような直感的に理解できない文を作らなければならない(笑)ので、関係代名詞が難しく感じてしまうのかも。

最初から文法ルールだけを覚えるのではなく、どんな英文や英語表現で、関係代名詞がどんなふうに使われるのか、たくさんの例文に触れながら、ルールを覚えていくとよいのではないでしょうか?

 

まとめ

目的格の関係代名詞は、難しいと思われがちですが、実は洋楽の歌詞などにもさりげなく登場する文法です。

たとえば、ファレル・ウィリアムス (Pharrel Williams) の『Happy』には、

“Clap along if you feel like that’s what you wanna do

もしもそれが君のやりたいコトだ、って思うなら、一緒に手をたたこうよ

(※筆者訳)

たとえば、ワンディレクション(One Direction)の『What Makes You Beautiful』には、

“Don’t need make up / To cover up / Being the way that you are is enough”

お化粧でカバーする必要はない、君がそのまま(ありのまま)でいれば十分さ

(※筆者訳)

たとえば、シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)の『Girls Just Wanna Have Fun』なら、

“That’s all they really want / Some fun …”

それだけが、彼らが本当に欲しいもの・・・楽しいコト!

(※筆者訳)

などなど・・・

(日本語訳は参考につけただけなので、あくまで関係代名詞に注目しつつ、英文の感覚を理解してくださいね!)

こんなふうに、全然難しい文脈じゃなくても使われています。

前回のブログにも書きましたが、最初は複雑な文で考えず、できるだけシンプルで短い文から練習を始めるとよいと思います。

 

というわけで、今回の例文は、できるだけ私自身がよく見聞きする表現や、本やネットの中でみつけた表現を中心に取り上げました。

英語の歌詞や有名人のSNSなどの中にも、関係代名詞を見つけてみてください!

 

付記)

今の日本の公立中学校では、目的格の関係代名詞で、人については that(またはwhom)を使う、と教えているみたいです。

(”Was there anyone who I know in the room?”  がOKであることを教えていない。)

ちなみに今回の記事は、ケンブリッジのEnglish Grammar in Useという文法テキストを参考に書きました。それによると、「人については who or that を使う(または省略可)」と書かれています。なぜ日本の英語教育ではあたかもwhoは使えないかのように教えているのかな、とちょっとギモンに思いました。

タイトルとURLをコピーしました